13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|現に学費が最低30万円を越す…。

2017-07-11 05:30:03 | 日記

現実難易度が高度な資格試験になっておりますけど、各科目毎分けて受験する方法もアリのため、そういったことも関係して公認会計士試験に関しては、例年最低5万名以上もの方が受験申込みする、難関の試験となっております。
実際に「くらしの法律家」として、社会に貢献できる公認会計士の受験において、必須資格や過去の学歴は問われることはありません。基本的にどんな方でも臨むことができますから、通信教育の資格講座でも、性別は関係なしに幅広い層の方達から高人気の資格に挙げられています。
超難関の法律系の国家資格とされている、高い専門性を持つ仕事を行う、公認会計士・公認会計士であるわけですが、難易度のレベルは公認会計士の方がハードで、加えてその執り行う業務の詳細にも、いくらか各々異なっております。
現に学費が最低30万円を越す、選択コースにより50万円超えの、公認会計士を対象としている通信講座もままございます。そうして受講期間についても、1年以上続く長期に及ぶスタイルであることが、多いです。
実際に国家試験の公認会計士試験の合格者の合格率は、10%〜12%と、超難関と知られている割には、高めの合格率が出ております。とは言え、一度目で合格を手にするのは、ほぼ不可能なことと聞いています。

日本の法人税法に関しては、会社を営む場合に、絶対に覚えておかなければならない重要な知識です。けれども、覚えこむ量がとてもたくさんあるので、受験する人たちの間では公認会計士試験の1番の壁となっています。
当インターネットサイトは、経験豊富な公認会計士が、公認会計士試験で合格を勝ち取れる正しい勉強法を色々紹介して、あらゆる公認会計士を取り扱う通信講座の巷での評判、口コミ・レビューなどを調べ、とりまとめた情報サイトとなっております。
実際公認会計士試験に関しては、公認会計士の仕事に就くのに必須の造詣の深さ、そしてその応用する力や素質があるかどうかを、審判することをメインに、執行する難易度の高い国家試験です。
全て独学での公認会計士資格取得の勉強法を決める際に、まさに障壁となり得るのは、勉強をしている中で不明点が発生してきた時点で、周囲に質問できる相手がいないことであります。
実際公認会計士試験をはじめから独学で挑むことは、かなり高難度なことであるのですが、トライしてみたいとやる気がある人は、まず先に財務諸表論等の会計科目を学ぶことからし始めるようにしましょう。

要領の悪い勉強法を取り入れて、ゴールが遠くなってしまうことほど、もったいないことはないでしょう。何が何でも、効率的なスタイルで短期スパンで合格を得て、夢の公認会計士の道を切り開きましょう。
合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、トータルの勉強時間のリスクある点を思い巡らすと、公認会計士受験対策として学校が開催している通信講座、その他にはスクールに通っての通学講座を選択する方が、間違いないものと言えそうです。
現実公認会計士国家資格試験の合格率は、1〜2%位と言われています。最近では、国内でも米国をモデルにした法科大学院が建てられ、その学校のカリキュラムを修了することで、新司法試験受験資格というものを手にすることができるのです。
一般的に国家資格の内においても、高い難易度を誇っている公認会計士ですけれども、ともあれ合格へ至るまでのプロセスが計り知れないくらいシビアであるからこそ、いよいよ資格を取得した以後は人材の受け入れ先の多さや年収増、かつまた社会的身分の高い立ち居地を持てる可能性もございます。
全部独学でやり通したい気持ちもわかるけど、勉強にあてる時間の管理や学習法などに、不安を持つなどの折には、公認会計士試験に対応する通信講座で勉強するというのも、それも1つの選択かと考えます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際送られてき... | トップ | 公認会計士|簿記論科目にお... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL