13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|会社勤めをしながら資格取得の勉強をこなし…。

2017-07-15 16:20:06 | 日記

会社勤めをしながら資格取得の勉強をこなし、結局3回試験を受けて公認会計士の合格を勝ち取った、自身の実体験を思い返しても、このところ2〜3年の間の難易度に関しましては、大分高くなっていてさらに難関になってきているような気がしております。
一切独学でやるもの良いけど、勉強時間の管理や学習スタイルに対することなど、不安を抱くというケースでしたら、公認会計士試験向けの通信講座(通信教育)を受講するのも、1つの進め方といえます。
深い知識・経験を要する内容であるため、難易度がめちゃくちゃ高くなっていますが、しかしながら公認会計士試験では、受験者は一回の試験で5教科合格しなくてもいい科目合格制度を起用しているので、各々5年間かけて合格を積み重ねていっても、良いとされる試験となっております。
他よりもかかる費用が安い、勉強範囲をチョイスして、学習量・時間を少なめに設けた独自の教程、優良な教材セット等が話題の高い合格率を誇っているフォーサイト。公認会計士の通信講座と言えばこの会社!と断定できるほど、高い人気がございます。
今の公認会計士につきましては、スゴク高い難易度の試験になっており、通信教育(通信講座)の選定により、合否が決まると言っても過言ではありません。されど、様々に同じような会社が存在していて、どこを選ぶと確実か、迷う方もおられるかと思われます。

現実的に合格率3%前後の険しい道の、公認会計士試験にて合格をゲットするには、1人独学での勉強だけだと、ハードな事例がいっぱいあり、専門のスクールに通うか、通信教育を活用して受験に向け勉強をやるのが通常であるといえるでしょう。
原則的に公認会計士試験は、かなり難易度が高めであります。合格率で言えば、大体10%ほどです。とは言っても、一度だけの試験にかけないで、数年間にわたり合格獲得を目指すのであったら、格別実現困難なものではないのです。
試験を受ける前に会計事務所やまた公認会計士事務所勤めをして、現場で実戦経験を積んでスキルアップしながら、堅実に学んでいくという手順を踏むといった方は、どちらかといって通信講座(通信教育)が適切と考えます。
実際通信教育においては、教材の精度の高いOR低いが大きな影響を及ぼします。このところDVDだったりオンライン動画配信などの映像での講座も豊富にございますけれども、公認会計士の専門学校により、その中身は実に様々です。
当たり前ですが公認会計士試験といいますのは、中途半端な取り組みであったら合格への道が遠くなる、非常に厳しい試験だと受け止めております。つまるところ費やすことができる貴重な時間をなるべく合理的に使用して受験勉強に取り組んだ人が合格を実現できる実力勝負の試験とされています。

実際に合格率のパーセンテージは、公認会計士の試験の難易度を確かめる判断基準の一つでありますが、この頃は、この%の数字が間違いなく下り坂になっており、受験される方々に関心を向けられております。
ここのHPでは、公認会計士専用の通信教育(通信講座)を、的確に正しくセレクトができますように、第三者的な立場で評定できるデータをピックアップしていきます。その先は自分の意志でオンリーワンをチョイスしましょう。
最近は、直に専門学校で教育を受けている受験生の方たちと、さほど差が無い学習ができるようになっております。この点を現実のものにするのが、今はもう公認会計士資格取得の通信講座の王道の教材である講義が収録されたDVDです。
あらかじめ法律の知識を全く持っていないのに、短期間で公認会計士試験合格を果たす方たちもいます。彼らの大部分に共通している要素は、自身にピッタリの「効率的な勉強法」を選ぶことができたことといえます。
実際に公認会計士に関しましては、全て独学で行っても合格を叶えられる資格といえるでしょう。現時点で、仕事を持っている方が決心してチャレンジする国家資格としては期待大でありますが、それとともにすこぶる難易度も高でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|科目合格制とな... | トップ | 公認会計士|合格率の数値が1... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL