13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|普通公認会計士試験というのは…。

2017-06-14 02:50:02 | 日記

大抵の人は、よく知られた企業だからとか、動機の無い不得要領な理由で、通信教育を決定してしまいます。でも、そのようなことで難易度が高い公認会計士に、合格することは出来ないと思われます。
実際にいつも、2〜3万名ぐらいが受験を行い、その中からたったの600人〜900人だけしか、合格を勝ち取ることが出来ません。この部分を見れば、公認会計士試験の難易度の様子がみてとれます。
このHPは、現役で活躍している公認会計士が、公認会計士試験の効率的な勉強法のコツを紹介し、及び色々な公認会計士専門の通信講座の評判、口コミ投稿etc.の情報を分析し、掲載している総合サイトです。
実際公認会計士試験を独学にてやりぬくには、本当にハードルが高いのですが、トライしてみたいと考えている方は、まず先に必須とされる会計科目の学習からやり始めることを推奨します。
輪にかけて難しいといったように言われております公認会計士試験の難易度に関しては、まことに高いものとなっていて、合格率の状況も約2〜3パーセントと、国家資格の中で見ても、10本の指に入るまさしく難関試験でございます。

法律系の学校を出る必要性も、かつ今まで未経験者だとしても公認会計士の国家資格はとれるものですが、しかしながら独学スタイルなら、学習量も要必須です。己自身もまるっきり独学で合格を勝ち取ったので、思い知っています。
最難関の税法の科目「理論暗記」を主として、公認会計士試験のお勧めの勉強法プラス頭脳訓練、速聴・速読技術等についても徹底的に追求!このこと以外にも効率イイ暗記法でありますとか、勉強する際に、有用なモノ・コトを幅広く載せていきます。
巷で人気のユーキャンの公認会計士課程に関しては、年毎に約2万人位が受けており、あんまり学識が無い人の場合であれど、辛抱強く国家資格がとれるまでの過程をベースから学ぶことができる、受験生の間でも評価が高い通信講座であります。
言うまでも無く、公認会計士試験を受験するにあたっては、一生懸命にやらないと良い成果を得ることが出来ない、凄くハードルが高い試験であると痛感しております。一寸の時間も無駄にせず空いている時間を手際よく使用して受験勉強に取り組み続けた方が、結果的に合格できる試験といえるのです。
本来合格率といいますと、公認会計士国家資格試験の難易度状況を示す明確な基準値のひとつなのですが、ここ数年、この数値がハッキリと下がってきており、受験生達に大きな関心をもたれています。

公認会計士試験の勉強をやる上で、なかなか集中力が続かないとか、モチベーションの保持がしんどかったりとデメリットな面も存在しましたが、総括的には通信講座を選んで、本当に良かったと判断しています。
現在数多くの方々が、国家資格の公認会計士の実際の合格体験記を、様々に情報を探し回って読まれている目的は、ほとんどの場合、どういうような勉強法があなたにより適正であるのか、迷いがあるからではないでしょうか。
普通公認会計士試験というのは、大卒でなければいけないなど学歴等の制限は無いため、どなたでも幅広い層の方々が受験OK。万一法律につきましての知識や経験が一切ない素人だとしても、キッチリ試験対策をとったら、合格を実現することも可能であります。
少し前までは合格率の数値が10%あたりが通常になっていた公認会計士試験であったけれど、今では、10%よりも低い率となっております。合格率が一桁でありますと、難易度上位のランキング上位の国家資格として、把握されます。
基本的に公認会計士資格の試験で合格するには、能率的な勉強法で実行するのが、スゴク大切な事柄です。当サイトにおきましては、公認会計士試験の日程表をはじめとする密度の濃い教本のチョイスの仕方など、受験生たちに有効な情報をピックアップしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|わかりやすく言... | トップ | 公認会計士|例年…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL