柳生コンサル

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

公認会計士|すべて独学で通しているけど…。

2017-06-28 13:20:02 | 日記

どのような予想問題集などで勉強をするのかなどより、いかなる勉強法に頼って進めるのかということの方が、断然公認会計士試験で合格を得るためには大切なポイントとなります
現実的に合格を勝ち取った人の合格率が平均7%といいますと、公認会計士の資格試験の中身は相当難易度が高そうにみえるものですけど、特定の基準に基づいた6割以上の問題に正解することができましたら、合格を勝ち取ることは確実であります。
大多数の予備校や資格学校では、公認会計士資格取得を目指す通信教育が提供されています。それらの内には、iPod等の携帯端末だとかUSBメモリなどを使って、時代の先端を取り入れた通信教育を提供している、学校も登場しております。
国家資格5科目合格に到達するまで、長期間にわたってしまう公認会計士受験においては、学習を続けることができる環境を持てるか持てないかが、大事であり、通学以外の通信教育コースに関しましては、よりそういうことが言えるかと思います。
法令の消費税法に関しましては、公認会計士試験の科目内では、あまり難易度は高めに設定されておらずに、簿記のベースの知識を確実に理解しておくことで、割合難なく、合格するのに必要な6割以上の点数をとることができる可能性が高いです。

今までは公認会計士試験の受験は、相対して獲得しやすい資格なんていった様に述べられてきましたけど、最近はとってもハイレベルになっており、ちょっとやそっとじゃ合格への道が簡単ではない資格となっています。
司法試験と同一の勉強法でおこなうケースだと、未経験の公認会計士試験のみの専業受験生と比較して、勉強時間&勉強量が多くなりがちです。それだけでなく有益な結果は見ることが出来ず、コストと効果の関係がアンバランスです。
基本的に会計分野の簿記論は、理解しないといけないことは仰山ありますが、全体的に計算形式の問題でつくられているので、公認会計士に合格するには他の国家資格と比べても、完全独学でも、自分のものにしやすい種類の試験科目とされております。
当然ながら公認会計士の合格を目指すには、原則的に効率良い勉強法で取り組むことが、極めて大切であります。当サイトにおきましては、公認会計士試験当日の日程やまた質の高い参考書の選択法など、受験生にとって便利な情報・最新ニュースを掲載しております。
現に、公認会計士資格をとろうとするケースにおいては、完全に独学で合格への道を目指すという人が少数派といったこともあり、これ以外の受験と比較してみると、市販のテキストブックもあんまり、販売されてません。

実際公認会計士の役回りをつとめる地域に寄り添った法律家として、期待が寄せられる公認会計士の肩書きは、社会的な地位のあるとされる資格です。その分、同時に試験内容の難易度も大変高いものです。
事実授業料30数万円〜、あるいは50万円以上を超す、公認会計士を対象としている通信講座も珍しくないものです。ちなみに受講する期間も、1年超えの長期にわたるカリキュラムとなっているケースが、しばしば見られます。
公認会計士向けの通信講座にて、ナンバーワンにイチ押ししたいのは、東京リーガルマインド(LEC) でしょう。講座で使用する専門のテキストは、公認会計士受験生のうちで、最も実用性優れた専門テキストとして一定の評価がございます。
すべて独学で通しているけど、科目勉強の時間配分や受験勉強の方法などに、少々心配になるといったような場合は、公認会計士試験を受ける人を対象とする通信講座に頼るのも、一つのスタイルなのであります。
公認会計士の資格試験制度の改変をきっかけに、従来の運・不運に振り回される博打的な内容が除かれ、極めてスキルあり・なしの力量が見極められる高難度の試験へと、公認会計士試験は大きく生まれ変わったんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|このサイトは…。 | トップ | 公認会計士|公認会計士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL