柳生コンサル

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

公認会計士|非効率的な勉強法を実践して…。

2017-06-09 12:50:05 | 日記

実際に公認会計士資格取得試験の合格率の数字は、とても低くて、大体1.75%と認識されています。今日び、法律専門研究の法科大学院という教育の場ができ、そのコースをクリアしたら、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位が与えられます。
毎年総じて、公認会計士試験の合格率の割合は、たった2〜3%です。勉強にあてる総時間数との相互関係にて考えたら、公認会計士資格取得試験がどんだけ難易度が厳しいか想像出来るでしょう。
公認会計士に関しては、もしも誰にも指導を受けずに独学で貫いても合格を目指せる資格とされております。殊に今日び、会社員として勤務している人が奮起して挑む資格としては見込みがあるものですが、それと同時に難易度も著しくハイレベルです。
日本でも上位の難易度が高い公認会計士試験の中身は、憲法はじめ11の科目の法律から色々な問題が出題されるものなので、合格を目指すには、長い期間に渡っての受験勉強が求められます。
基本的に公認会計士試験は、難易度の高い国家資格試験となっているんで、まず専門の資格学校に足を運んだ方が、堅実といえるでしょう。でも、何もかもすべて独学で貫こうと人により、かなり効率アップが望めるなんていった事柄もあったりするようです。

一般的に消費税法については、公認会計士試験科目内では、それほどにも難易度レベルは難しくなっておらず、簿記の基礎知識をバッチリ認識していたら、比較的結構簡単に、合格のボーダーラインを超えるといったことが可能となります。
最初からずっと独学でやっているけど、学習の時間管理や学習法などに、少々心配になるなどの折には、公認会計士試験専門の通信教育(通信講座)を受けるなんていうのも、1つの進め方といえるでしょう。
非効率的な勉強法を実践して、回り道をいくのは何の得にもなりません。正しく手際の良い勉強法によりごく短期で合格を手にして、憧れの公認会計士になりましょう。
公認会計士対象の通信講座として、どれよりも一番にイチ押ししたいのは、LEC(レック)のコースです。使う教本は、公認会計士資格取得の勉強中の受験者たちの間で、最も優れたテキスト書だと注目されています。
実際数多くの受験生は、テレビCMなどが流れている有名な会社だから間違いないなどの、無根拠のいい加減なきっかけで、通信教育を選びがちです。ところがどっこい、そんな選び方で高難易度の公認会計士に、合格するはずはないです。

今後資格を得るために受験の勉強を開始する方たちにとっては、「公認会計士試験では、どの位の勉強時間を保ったら合格可能なのか?」なんかは、確認しておきたい事柄ではないかと存じます。
くらしをサポートする法律家として、様々な問題の解決などでサポートする役目を果たす公認会計士の試験を受ける場合に、資格については不問とされております。誰であっても臨むことができますから、通信教育の内でも、男女関係無く幅広い層から人気が集まっているランキング上位の資格であります。
公認会計士試験については、厳密な受験条件などなく、学歴の有無は問われません。したがって、今までに、もしも法律の事柄を勉強を一度もやったことが無いようでも、知名度のあるような大学卒の経歴が無くとも、公認会計士の資格をとることはできます。
合格できず落ちたときの、学習を行う合計時間のリスク面を見ると、公認会計士資格の受験は専門学校の通信講座、OR通学タイプの講座を選ぶのが、より固いと言えるでしょう。
DVD教材や、教科書を見る学習の仕方に、多少不安を抱いていますが、過去に通信講座オンリーで、公認会計士の難関資格を取ったという人達も数多く存在しておりますし、なので独学で取り組むよりかは、合格への道が近いと思うようにしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|高い難易度の資... | トップ | 公認会計士|必須教科の5科... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL