柳生コンサル

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

公認会計士|難所である「理論暗記」はじめ公認会計士試験勉強法のアドバイスプラス頭脳訓練…。

2017-07-16 10:20:05 | 日記

昼間サラリーマンとして勤務しながら、公認会計士資格ゲットを狙っているなんて方もおられるとお見受けしますので、いかに自分のやるべきこと・やれることを毎日毎日コツコツと積み上げ継続していくのが、公認会計士試験合格へのショートカットになるのかも。
毎年毎年、公認会計士試験の合格率のパーセンテージは、ほぼ2〜3%強といわれています。要必須とされる学習にあてる時間との相互の兼ね合いで考えますと、公認会計士の試験がどんなに高い難度であるか推測していただけると思います。
実際に公認会計士試験は、そう簡単ではないと言われている、国家資格の中の1業種です。ここにおいては、狙う公認会計士試験に晴れて合格するために把握しておくべき勉強法等を、管理人自身の合格実現までの経験を基本として公表します。
昨今は、通学して講座を受けているという人たちと、あんまり変わらないような試験勉強をすることが可能です。この点を現実のものとしますのが、もはや公認会計士向け通信講座の主流の学習材となっているDVDでの講座です。
現実的に公認会計士の業務に関わる街の法律専門家として、活発な働きが要求されます公認会計士におきましては、社会的に地位の高い職業資格です。比例して、試験の難易度に関しましても物凄く難しいです。

今の公認会計士につきましては、大変難易度のレベルが高めで、通信教育をどこにするかで、受かるか・落ちるかが決まります。とはいえ、色々な会社が似通った講座を開催しており、何処を選んだらいいものか、決めかねる受験生も多いと存じます。
合格率のパーセンテージがおおよそ7%というと、公認会計士の国家資格試験は著しく難易度がシビアな感じにみえるものですが、特定の基準に基づいた6割を超える設問に正解することができれば、合格を獲得することは確実であります。
合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、公認会計士試験は難易度のレベルが高い法律系国家試験です。されど、不必要に怖気づくことはないです。全力を注げば、誰でも間違いナシに合格を獲得することは可能です!
長期間にわたる公認会計士試験勉強は、集中力を保つことが困難だったり、モチベーションを上げることがしんどかったりと弱点も見られましたが、全般的に通信講座を選んで、合格することができたと感じています。
大抵の専門スクールについては、公認会計士資格取得を目指す通信教育があるものです。それらの内には、どこにでも持ち運べるUSBメモリなどを用いて、流行の最先端を取り入れた通信教育サービスを展開している、資格スクールもあったりします。

色々利点がある、公認会計士のスクールに通う上での効率良い勉強法ですが、通常十万円以上のある程度のお金が求められますから、受験生皆が受講することが出来るというわけではなさそうです。
先々本格的に勉強に着手する方にとっては、「公認会計士試験に於いては、どれぐらいの学習時間を維持したら合格可能なのか?」といった情報は、チェックしておきたい点だと推察します。
法律を専門に勉強しておらずとも、過去に実務経験無しでも公認会計士資格取得は可能ですけども、けれどその分完全に独学であるケースは、何百時間もの勉強時間・量も相当要します。私自身も独学で行って合格を可能にしたから、心底思います。
難所である「理論暗記」はじめ公認会計士試験勉強法のアドバイスプラス頭脳訓練、速聴と速読といったこと等についてもパーフェクトに掘り下げております!この他暗記力を高める方法だとか、試験勉強に、便利なツールなどをこちらで色々ご紹介します。
ピント外れの勉強法を実行して、ゴールが遠くなってしまうということほど、意味の無いことはないでしょう。是非とも手際の良いアプローチで短期集中で合格を成し遂げ、公認会計士になる夢を叶えましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|個々の教科の合... | トップ | 公認会計士|難易度が超高い... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL