柳生コンサル

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

公認会計士|必須教科の5科目に合格することが出来るまで…。

2017-06-09 17:40:07 | 日記

サラリーマンをしながら、公認会計士になることを志しているといったような人々もおられるかと思いますから、あなたの勉強を限りある時間の中で日ごと確実に継続していくのが、公認会計士試験合格へのショートカットになるのかも。
必須教科の5科目に合格することが出来るまで、長期間かかる公認会計士試験では、ずっと勉強していられる安定した環境が、決め手で、通信教育のコースにつきましては、特別そうした点が関係してきます。
通常公認会計士試験は、各科目でたった120分しか試験時間がないものです。受験者はその中で、合格できる点を取得しないといけないので、言うまでも無く処理能力は要求されるといえます。
現実、公認会計士試験については、非常に難関といった風に言われる、国家資格として挙げられます。このHPでは、憧れの公認会計士試験に見事合格するための工夫された勉強法などを、管理人自身の合格実現までの体験記を基とし様々記載していくつもりです。
簡潔に言うと公認会計士試験とは、公認会計士として活動するのに基本とする基本・高等な知識やそれを応用する能力が十分あるのかないのかを、判断することを最大の目的に、実行する法律系の国家試験です。

公認会計士試験においては、リアルに合格率が6%位と公表されており、事務職系の資格の中においては、狭き門の資格に入ります。しかしながら、全ての問題の内6割正解したら、確実に合格できます。
ちょっと前までは公認会計士試験の受験は、他と比較して狙いやすい資格と周知されていましたが、この頃は至極難易度がアップし、とんでもなく合格をゲットすることができないという資格とされています。
実際公認会計士試験に関しては、詳しい受験の制約なんてなくって、過去を遡った学歴なんかは問われません。ですから、これまで、法律に関係する専門の勉強を行ったことがない場合でも、知名度のあるような大学を出ていない場合でも、どんな方でも公認会計士の国家資格は得られます。
仮に日商簿記検定試験1・2級を誰にも頼らす独学で、見事合格されたといった人であるなら、公認会計士試験での試験科目の簿記論や財務諸表論の2種の科目に限るなら、ともに独学で合格を実現しようとするのも、不可能な事柄ではないといえるかもしれません。
正直DVDでの映像授業ですとか、テキスト学習材での勉強のやり方に、多少心配&不安があったりするのですけど、現実で通信講座を受け、公認会計士試験に合格した人も沢山いますし、独学で進めるよりは、良いのではないかと思っております。

実際にU-CAN(ユーキャン)の公認会計士の試験対策講座は、年毎に約2万人位から受講申込があり、全然法律の知識が無いという方であったとしても、確実に資格取得できる能力を基本から習得可能な、高精度な独自カリキュラムの通信講座なのです。
実を言いますと、公認会計士の試験を受ける場合は、たった一人の力で独学にて合格を勝ち取ろうとする方が多く存在していないことも関係して、実情別の受験と比較してみると、使えそうな市販教材なんかも全くと言っていいほど、充実していません。
色々存在している公認会計士の通信講座のうちでも、特にお奨め教材は、東京リーガルマインド(LEC) でしょう。採用しているオリジナルテキストにつきましては、公認会計士資格取得を目指す受験生の中で、1番使える学習書として一定の評価がございます。
公認会計士対象の講座を受講できるスクール及び詳細内容等も多様に取り揃っております。それにより、複数の公認会計士の講義コースの中から、忙しい受験生でも効率よく学べる、通信講座を持っている学校をいくつか比較してみました。
プラスとなる面ばかりの、公認会計士スクール通学での効率イイ勉強法ですけれども、十万単位のそこそこの料金が必要となりますので、誰でもやれるというわけにはいきません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|非効率的な勉強... | トップ | 公認会計士|ほぼ独学でやり... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL