柳生コンサル

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

公認会計士|公認会計士試験の受験勉強をする上では…。

2017-06-22 19:20:08 | 日記

2006年度から、国家試験の公認会計士試験は、大分修正がされました。以前よりも憲法や民法等の法令科目が、重んじられるようになりまして、多肢択一の問題であったり、記述方式の試験問題といった今までには見られなかった新傾向問題も出てきました。
努力して資格を得て、そのうち「自分だけのチカラで挑戦したい」等といったポジティブなやる気がある方であるなら、どれだけ公認会計士の難易度の状況が相当高くても、その試練もきっと超えることができるハズ。
現実公認会計士国家資格試験の合格率は、およそ1.75%ぐらいとされています。今日び、国内でも米国をモデルにした法科大学院というのが設けられ、その学校のカリキュラムを卒業することによって、新司法試験を受験できる資格と法務博士(専門職)の専門職学位が手にできます。
税務上の個別論点の範囲に着手したら、関わる演習問題に可能な限りトライし、問題に慣れる対策をとっておくといった勉強法を新たに盛り込むというのも、公認会計士試験においての簿記論対策につきましては著しく効果が期待できます。
基本的に公認会計士試験につきましては、歳や性別等の受験の資格は定まっておらず、学歴の有無は全く不問です。ですから、これまで、法律についての勉強を行ったことがない場合でも、名の通ったいい大学卒業の学歴を持っていないようでも、公認会計士の資格は取得可能となっています。

これまで法律知識ゼロにも関わらず、短期集中で公認会計士試験合格を実現する猛者もおります。彼らの多くに共通している要素は、皆個々にとって適切な「効率いい勉強法」に出会うことができたことです。
公認会計士の簿記論に関しては、暗記するべき総量は沢山ありますが、ほぼ完全に計算タイプの試験問題にてつくりだされているため、公認会計士になろうとするためには、相対的に完全独学でも、勉強がとりかかりやすい部類の科目に当たるのです。
簡単に述べますと「足切り点」(第一段階選抜)としたような受験制度が、公認会計士試験には設けられています。わかりやすく言い換えますと、「一定の成績を超えなければ、不合格扱いになる」という規準点が設定されております。
公認会計士試験の受験勉強をする上では、長時間集中力の持続が出来なかったり、同じ精神状態を保つことが大変だったりとした不利な点も見られたわけでありますが、最終的には通信講座をやって、満足のいく結果が出たと判断しています。
法令の知識を大学で勉強していなくても、並びに実務の経験ゼロであっても公認会計士にはなれるものですけれども、ともあれ一切独学で取り組むという人なら、物凄い勉強量をこなすといったことも絶対に大事。まさに私もまるっきり独学で合格を勝ち取ったので、ひしひしと思うわけです。

現に、公認会計士資格につきましては、専門学校に行かないで独学で合格を勝ち取ろうとする方が少な目で、その他の法律系資格と比べますと、市販のテキストの種類もろくに、販売されてません。
学習のための時間が日頃多くある受験者は、普通の勉強法でやり通すことで、公認会計士試験で合格できるかもしれませんが、普段から仕事に追われているなど多忙を極めている人にとりましては、現実に合った手段だとは言えないでしょう。
開講実績30年以上を誇るユーキャンの公認会計士コースについては、毎年毎年約2万人の方たちの受講申込があり、あまり法律知識を持っていないといった受験者であれども、しっかり資格を取得することが出来る効率的な勉強方法を身に付けられる、頼りになる通信講座です。
これから資格スクールで公認会計士コースを受けたいのですが、近隣にそのようなスクールが見当たらない、いつも仕事が忙しく時間に余裕がない、学校に通学する時間をなかなか確保することができないなんて方を対象に、各学校毎にて、自宅で学べる通信講座を開校しております。
基本的に科目合格制度とされる、公認会計士試験に関しては、1回に一気に、5ジャンルの科目を受験する規則はなく、1教科ずつチャレンジしても良いということになっています。つまり合格を得た教科は、いずれ公認会計士となるまで有効とされ失効にはなりません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|基本的に…。 | トップ | 公認会計士|練習問題により... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL