13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|会計と税務の個別論点の中身に取り掛かり始めだしましたら…。

2017-07-13 01:50:02 | 日記

さしあたって受験生たちが、行政書士の受験・合格体験記録等を、いろいろと情報を探し回って見ているワケというのは、大抵、どうした勉強法・やり方が自分にとって効果的なのか、迷いがあるからではないでしょうか。
超難関と口々に伝えられている行政書士試験の難易度の程度は、とっても高めのものになっており、例年の合格率も概ね2・3パーセントと、法律系の国家資格の中においても、指折りのド級の難関試験なのです。
昨今の行政書士につきましては、試験の合格率が大体6%という風に言われていて、デスクワーク・事務系資格では、非常に難しいレベルの資格とされています。けれども実際のところ、全ての問題の内6割正しい解答が出来れば、確実に合格できます。
はじめから会計事務所とか行政書士事務所・行政書士事務所などでの本格的な経験を重ねていきながら、確実に勉強していこうというような方でしたら、どちらかといえば通信講座の方がマッチしているだろうと思います。
日本の法人税法に関しては、会社を運営していくには、決して欠かすことの出来ない基本的な知識であります。ですが、覚えなければならないことが沢山あることによって、行政書士試験の教科の中にて一番の難関という風に言われます。

すべて独学でやるもの良いけど、勉強にあてる時間の管理や試験勉強方法等に、心配が生じるといった際には、行政書士試験用の通信講座にて学習するのも、1種のアプローチ法であるでしょう。
どの教材で学習に励むか以上に、どの勉強法を採用して実行するのかという方が、明白に行政書士試験での成功には重要なポイントです
一言で言うと第一段階合格最低点の「足切り点」といいます基準点制度が、行政書士試験にはあるんです。つまりは、「一定ラインの点数を超えなければ、合格になりませんよ」という水準点が定められているんです。
学習のための時間が日常的に沢山ある受験者は、標準的な勉強法を行えば、行政書士試験の合格も望めますが、自分で別の仕事をしているなど時間に余裕がない人に対しては、ベストな取組方法ではないと断定できます。
行政書士試験の簿記論については、把握しないといけない内容量は沢山ありますが、百発百中で計算問題メインで出されるので、行政書士に合格するには他の国家資格と比べても、独学で挑んでも、理解しやすい教科内容といえます。

基本的に行政書士資格の試験で合格するには、自分に合った正しい勉強法で行うのが、最も大切であります。このサイト上では、行政書士試験の予定表をはじめとした専門の参考書の選び方など、受験生たちに有効な色んな情報をお届けしております。
会計と税務の個別論点の中身に取り掛かり始めだしましたら、相関がある事例や演習問題に可能なだけ取り組むようにし、いくらか問題に慣れておくとの勉強法を採用するのも、行政書士試験の簿記論教科の対策に向けてはとても実効性があります。
原則的に行政書士試験は、かなり難関であります。合格率というのは、たった10%〜12%となっております。けれど、一回だけの試験ではあらず、数年かけて合格を志すのなら、それ程困難なことではないと思います。
ずっと前から行政書士試験に関しましては、超難関と知られている、国家資格のうちの1種です。当ホームページでは、対象の行政書士試験に一発で合格するための質の高い勉強法等を、自分の合格を掴むまでの実体験を経て得た情報を踏まえて詳細に書きます。
頑張って資格を取得し、数年後「誰にも頼らず自分の力でチャレンジしたい」といった堅固な志がある受験者でありましたら、行政書士試験の難易度が高い場合でも、その障害物もきっとクリアできるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|難易度の高い資格... | トップ | 行政書士|事実「法をベース... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL