13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|学習にかけられる時間が日頃多くとれるといった人なら…。

2017-06-13 19:20:02 | 日記

一般的に行政書士試験の主要な特徴を示しますと、指標に基づき評価を行う試験システムであり、合格者の上限数を取り決めていないので、つまるところ出された問題の難易度の加減が、ダイレクトに合格率に大きく反映されることになります。
現実的に行政書士試験というのは、各科目でたった120分しか受験時間があてられておりません。その中にて、合格点数を目指さなければいけないため、やっぱりスピード力は最低限必要であり合否に影響します。
現に、行政書士資格取得を志すケースでは、専門スクールに通わずに独学で合格を目指そうとする受験生が少数ということが影響して、これ以外の法律系試験と照らし合わせると、使える市販教材も十分に、売り出されておりません。
学習にかけられる時間が日頃多くとれるといった人なら、通常の勉強法で取り組めば、行政書士試験をパスすることも有り得ますが、常日頃会社など忙しい方には、現実に沿った取り組み方ではありません。
日本国内でもトップクラスにランクインする高い難易度を誇る行政書士試験の詳細は、全11分野の法律の中から多くの問題が出題されるものなので、合格に至るまでには、長期に及ぶ学習をすることが必須であります。

実際に講座を学ぶことができる専門スクールも勉強の方法も大変多種多様であります。そんなワケで、いろんな行政書士の通信講座プランの内より、社会人で忙しい受験者でも学習できる、通信講座を開いている専門学校の比較をしました。
何年か前までは合格率の数字が10%強にて安定していた行政書士試験も、昨今は、マイナスになり一桁台の数字であり続けています。合格率一桁台であると、難易度が厳しい難関国家資格として、挙げられます。
会計と税務の個別論点の中身をやりはじめたら、相関がある事例や演習問題にめいっぱい積極的に取り組んで、問題に慣れる対策をとっておくような勉強法を盛り込むのも、行政書士試験の簿記論教科の対策に向けてはとっても効果的とされます。
資格取得を目指す上で予備校の行政書士を対象としている講座を受けて勉強したいのですけれども、近隣に専門学校ゼロ、仕事が多忙を極めている、スケジュールがつまっており学校に通う時間などないといった受験生のために、各々の学校にて、自宅にいながら勉強できる通信講座を用意しております。
行政書士につきましては、たとえオール独学でやっても合格することが可能である資格のうちの一つです。中でも只今、会社員である人がいざ一念発起で挑む資格としては望みが高いですが、それとともに難易度も著しくハイレベルです。

基本的に行政書士試験につきましては、大卒でなければいけないなど学歴等の条件は全く無く、どなたであろうとも受験をすることが可能であります。ちなみに法律の専門的な知識・情報がゼロの初心者であろうと、質の高い受験対策を実施するようにすれば、合格できてしまいます。
無論行政書士試験をはじめから独学で挑むことは、本当に容易なことではありませんが、チャレンジしたいと考えておられる人は、差し当たり簿記論など会計科目を会得することから手を付けると良いかと思います。
現に学費が最低30万円を越す、はたまた50万円超えの、行政書士対象の通信講座なんぞも珍しいことではありません。その場合受講のスパンも、1年を上回る長期にわたる受講コースで組まれているといったことが、ままあります。
このところの行政書士の試験は、リアルに合格率が6%位と言われていますので、事務系資格カテゴリーでは、非常に難しいレベルの資格だと感じられるでしょう。しかしながら、全問題中6割正解したら、合格すること間違いありません。
元来通信教育(通信講座)は、学習材の出来栄えが全てを左右してしまいます。今はDVDとかインターネットでの動画配信などの映像を使ってのツールも様々に取り揃っておりますが、行政書士の学校により、教育内容はかなり異なります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|法律で平成18年よ... | トップ | 行政書士|一般的に良質な演... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL