13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|大概の専門学校・スクールには…。

2017-06-18 12:00:07 | 日記

これまで素人で法律知識ゼロにも関わらず、比較的短いスパンにて行政書士試験に晴れて合格される人達も存在しております。彼らの大半に共通する部分は、自身に丁度良い「現実に合った正しい勉強法」に出会うことができたことです。
基本的に行政書士試験につきましては、年齢に関してや性別・学歴・経歴などといった指定はないですから、どんなに若くても年を経ていても受験することが認められています。ちなみに法律の専門的な知識ゼロの未経験者であっても、質の高い受験の対策を行えば、合格可能でございます。
世間一般的に合格率の数字が僅か7%と聞きますと、行政書士資格試験はかなり難易度が高く難関そうにみえるけれども、評価基準に基づき最低でも60%以上の問題が合えば、合格を獲得することは確かとなるといえます。
会社に属しながら資格をとるための勉強をして、ようやっと3度の試験にて行政書士試験に合格をした、自身の実経験を振り返ってみても、ここ2・3年の難易度については、とっても高めの傾向があるように感じています。
可能であればリスクを分散、安心できるように、念を押してという目的で、行政書士試験を受ける場合に、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に通うようにした方が良いかと思いますが、独学で貫くことを一案に入れてもいいでしょう。

国内においても上位に入っている位の難易度として名高い行政書士試験の内容は、11分野の科目の法律から多種多様な難題が出題されますから、合格を目指すには、1年近くの取り組みが必ずいります。
行政書士試験の役割は、行政書士の業界に入るために必ず要る法律の知識、かつまたそれに対しての実力や才能を有しているのかいないのかを、見極めることを主要な目的として、公的に開催されている最高峰の国家試験です。
通常例題でよく理解し基礎作りをした後、実践に基づく応用の問題へとステップアップしていく、典型的な勉強法をやっていくのが、行政書士試験の内におけます会計科目の簿記論におきましては、まさに効果があるようです。
最難関の「税法の理論暗記」を中心とし、行政書士試験勉強法のアドバイスや頭脳の訓練、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましても徹底追及!これ以外にも他効率が良い暗記法だったり、受験勉強に、便利なツールを幅広く載せていきます。
元々行政書士試験は、生易しい試験ではございません。合格率というのは、ざっと10%くらいです。とは言っても、一回きりの試験で臨むのではなくて、何年間かに分けて合格を志すつもりであるなら、そんなに実現できないことではないです。

国家試験の行政書士試験における合格者の合格率は、10%位と、難しい試験とされているにしては、別の国家資格と比べて高い合格率となっています。ただし、一回目の試験で合格することが出来るのは、ほぼ不可能なことと言われている様子です。
資格取得が難しい試験といわれる行政書士試験に挑むには、超頑張らないと100パーセント合格は叶いません。かつ一切独学で合格を実現するといったことは、物凄くガンバル必要がございます。受験生の皆様にちょっぴりであれど便利なウェブサイトとして用いていただけるのならとても嬉しいことです。
法令の知識を大学で勉強していなくても、またド素人であったとしましても行政書士を目指せますが、ともあれゼロから独学で進める方は、勉強時間も必ず求められます。自分自身も独学で行って合格を可能にしたから、断言できます。
大概の専門学校・スクールには、行政書士用の通信教育の提供が行われております。そういった中には、iPod・USBメモリなどの携帯機器などを利用して、時代の先端を取り入れた通信教育を受講することが可能である、専門学校・スクールも存在します。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは行政書士事務所に勤め、現場で実戦経験を積んでいきながら、マイペースでしっかり学ぶという手順を踏むといった方は、通信講座の学習方法が最善だと言えます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|事実授業料30数万... | トップ | 行政書士|合格者の合格率7... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL