13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|すべて独学でこなしてはいても…。

2017-07-12 16:00:03 | 日記

資格試験を受験する前に会計事務所あるいは行政書士事務所勤めをして、現場において実地経験を積んでいきながら、コツコツ学ぼうというような方でしたら、通信講座の勉強法が適当といえるでしょう。
ちょっと前までは行政書士試験を受けても、割合合格を得られやすい資格なんていうように言われておりましたが、近ごろは著しく壁が高くなってきていて、かなり合格をゲットすることができないという資格とされています。
無論たった一人で独学で、合格を得るといいますのは、決して不可能じゃないでしょう。そうはいっても、行政書士の資格試験は10人挑戦しても、1名も受からないこともある間口の狭い試験とされております。見事突破するためには、優れた学習方法を手に入れることが必要です。
行政書士の合格を実現するためには、しっかりした勉強法で進めるのが、特に大事といえるでしょう。当サイトにおきましては、行政書士試験の日程表をはじめとする高精度のテキストの選び方など、資格に挑む受験生にお役に立つ情報などを載せています。
一般的に行政書士の合格率の数値は、1割ほどと発表されています。近ごろ、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』という教育の場ができ、そこでの教程を修め終えれば、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位が手にできます。

法人税法につきましては、法人として事業を行っていくにあたり、絶対に覚えておかなければならない基本の知識です。とは言っても、覚えなければいけない量が相当あるんで、業界では行政書士試験の第一の関門となっています。
専門学校の行政書士レッスンを受けたいんだけど、近辺にそういった予備校がない、仕事に追われている、家の用事などで学校に行く時間がないなんていった方向けに、それぞれのスクールでは、家で勉強することが可能な通信講座の提供を行っています。
すべて独学でこなしてはいても、学習の時間管理や勉強のやり方等に、少々心配になるなどの折には、行政書士試験に狙いを定めた通信講座(通信教育)を受講するのも、1案かと思います。
どんなタイプの教材で学ぶのかというのではなく、いかなる能率的な勉強法で進めるのかという方が、明白に行政書士試験を通るためには大切だと考えられます
法律系の学校を出る必要性も、過去に実務経験無しでも行政書士にはなれるものですけれども、けれどもそれだけまるっきり独学という際には、学習量も要必須です。小生も誰にも頼らず完全に独学で合格しましたため、身をもって思います。

現下、あるいはこの先、行政書士試験に自分ひとりの力で独学で挑戦する方たちのために製作しました、お役立ちポータルサイトであります。ここでは合格を得るための術・ヒントや、仕事の内容、業種の魅力などを毎日発信しています。
一般的に従来から、法律に関する知識が全くゼロの状態から取り組み出し、行政書士試験合格に欠かせない勉強の総時間は、「3000時間前後」と言われております。実際に1回で合格を決めた方の総勉強時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
このインターネットサイト上では、行政書士資格の通信教育を、キッチリ選び抜けるように、中立的な立場で判断可能な多種多様な材料を提供していきます。それ以後は、自分でオンリーワンをチョイスしましょう。
実際に専門的特性の中身となっており、難易度が非常に高度となっておりますが、とは言っても行政書士試験に関しましては、社会人も受験しやすいように科目合格制度を設定しておりますので、それぞれ5年にわたって合格を積み重ねていっても、良いとされる試験となっております。
実のところ、全般的に行政書士の資格取得をしようとする折は、一から独学で合格実現を目指す人がかなり少ないということもありまして、行政書士以外の受験と比較してみると、市販の学習テキストもそんなに、つくられておりません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|通信教育の場合…。 | トップ | 行政書士|難易度の高い資格... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL