13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|例年全受験科目の平均での合格率は…。

2017-07-01 02:10:02 | 日記

行政書士の簿記論に関しては、マスターしないとならない事柄は仰山ありますが、ほぼ全部計算問題メインにて構成がなされているため、行政書士を目指すには他の国家資格よりも、比較的独学で行っても、学習しやすい試験教科といえるでしょう。
実際行政書士試験は、受験の合格率がほぼ6%としたデータがでており、実用的な事務系資格の内では、非常に難しいレベルの資格とされています。しかしながら、全体的に問題の6割合えば、確実に合格できます。
簡単に述べますといわゆる「足切り点」という特筆するべき制度が、行政書士試験には設けられています。つまるところ、「範囲内の点数に達していないとしたときは、合格になりませんよ」といった点数というものが最初に設けられているわけです。
プラスとなる面ばかりの、行政書士の資格学校に足を運ぶ効率イイ勉強法ですけれども、通常十万円以上の特定の代金が求められますから、受験する人が全員通えるものではないと言えます。
合格が叶わなかった場合の、トータルの勉強時間のリスク加減を考慮すると、行政書士資格受験は予備校主催の通信講座、それともまた学校での通学講座コースを選ぶのが、確実だろうと思っています。

一般的に通信教育では、どちらの学校でも行政書士試験1本に焦点を合わせた方策を完璧に取り扱っている、受験専用の教材が揃えられておりますから、独学で行うよりも勉強の進め方が認識しやすく、勉強がスムーズにいきやすいのではないかと思います。
法律系国家資格において、非常に専門的な務めをする、行政書士かつ行政書士なんですけれど、難易度を見ると行政書士の方がハードルが高く、その上業務の詳細につきましても、沢山違うのです。
こちらのサイトでは、行政書士資格の通信教育を、的確に正しく選定できるように、客観的な立場によって品定めできます最新情報を随時発信していきます。それを参考に自分でコレと言うものを選んでくださいね。
法令の消費税法に関しましては、行政書士試験のメイン科目の中においては、言うほど難易度は高めに設定されておらずに、簿記についての基本的な知識を押さえておくことにより、割かし困難とせず、合格点を満たすことが可能といえます。
例年全受験科目の平均での合格率は、おおよそ10〜12%で、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が高めであるように捉えやすいですけど、これにつきましては各受験科目の合格率でして、行政書士試験丸ごとの合格率ではないですから、ご注意を。

結論から言うなら、実際独学で取り組んだとしても、キチンと、行政書士の知識について会得できるのならば、資格を取得することは難しいことではありません。ともあれ、これにはよっぽど、長期間にわたる必要がございます。
実際に行政書士試験は、高難度の国家試験というように言われておりますので、基礎から応用まで学習できる専門スクールに通学するようにした方が、確かではないでしょうか。しかしながら、全部独学で挑んでも各人によって、非常にスムーズに行くなどのケースもあるわけです。
たった一人で独学での行政書士試験の勉強法の選択を行う場合、1番問題となりますのは、勉強中に気になる点等が生じた折に、回答を求めることができないということでしょう。
なるべくリスクヘッジ、確実に、念には念を入れてといった考えで、行政書士試験を受験する際、専門スクールに通った方が安心ですが、完全独学を選定したとしても支障はないでしょう。
それぞれの教科の合格率に着目しますと、概算で10%前後と、1教科1教科ともに難易度が高めの行政書士試験は、科目合格制度が採られているから、会社で働きながら合格を実現できる、資格といえるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|事実行政書士試験... | トップ | 行政書士|行政書士資格取得... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL