13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|ユーキャン主催の行政書士の通信講座は…。

2017-07-14 18:10:02 | 日記

これまで素人で法律についての知識を全く持っていないのに、短期の学習期間にて行政書士試験合格を実現する猛者もおります。彼らのほとんどに共通する部分は、自分自身に相応しい「効率の良い勉強法」を確立したことです。
原則的に行政書士試験については、年齢・性別や過去の学歴などの制限は設けられておりませんから、どんな方でも受験可能でございます。もしも法律の事柄の知識が全然ない方であろうと、適切な受験対応法をこなすことによって、合格可能でございます。
各々の教科の合格率の値に関しましては、およそ10%強というように、各々の教科ともに難易度が高めの行政書士試験は、科目合格制度が採られているから、お仕事しながら合格を実現できる、資格とされています。
世間一般的に合格率の数字が毎年7%位と聞くと、行政書士の資格試験の中身は極めて難易度が厳しくって大変そうですけれど、絶対評価で到達点数の全体のうちの60%以上の問題に正解できたら、合格判定は間違いないでしょう。
利点が様々に存在する、行政書士スクール通学での効率イイ勉強法ですけれども、現実的に数十万円を超えるそこそこの授業料が掛かってきますから、全員皆が受けることが可能であるものじゃありません。

基本的に行政書士試験につきましては、1科目ごとで2時間しか試験時間がありません。そうした中で、ミス無く合格点を取らないといけない為に、当たり前ながら処理能力は必須です。
行政書士対象の通信講座として、一等イチオシなのは、法律系資格取得を支援しているLEC であります。活用するテキストブックは、行政書士受験生間にて、非常に使い勝手の良い手引きとしまして定評を得ております。
会社に勤務しながら資格をとるための勉強をして、やっと3回目の試験で行政書士合格を果たした、当方の経験をみても、ここ2・3年の難易度レベルは、とても難しくなってきていると思います。
ちょうど今、それとも数年以内に、行政書士に一から独学で挑む人に対して作成した、お役立ちポータルサイトであります。当サイトにおいては合格する為の鍵ですとか、業務内容、かつまたお仕事の魅力等を定期的に配信しております。
ユーキャン主催の行政書士の通信講座は、1年間で約2万人の人達に利用されており、ほとんど知識が無いような素人だとしても、手堅く国家資格がとれるまでの過程をマスターできる、高精度な独自カリキュラムの通信講座なのです。

金融取引等のことが含まれる法人税法については、経営を行っていくにあたって、必須の知識といえます。だが、記憶するべき事柄がめちゃくちゃあるので、業界では行政書士試験の第一の関門という風に言われます。
世間一般で難関と口々に伝えられている行政書士試験の難易度の状況は、大層高度なもので、合格率の数値もたった2〜3%少々と、国家資格内でも、トップクラスの難関資格試験となっております。
司法試験と同じような勉強法ですと、ゼロからの行政書士試験専業受験者と比べまして、勉強を行う総量が多大になりやすいものです。それだけでなしに条件に見合った成果は見られず、需給バランスがあまりよくありません。
行政書士の合格を狙うには、適切な勉強法での進め方が、とりわけ大事といえます。このウェブサイトでは、行政書士試験の予定表をはじめとした専門の参考書の選び方など、受験生に有用な多様な情報をアップしております。
実際に行政書士試験に関しては、かなり難易度が高めであります。毎年合格率は、僅か1割前後。ではありますが、一回きりの試験で臨むのではなくて、何年かにわたって合格を狙うのであれば、特別ヘビーなことではないといえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|現場において「法... | トップ | 行政書士|通常行政書士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL