13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|いかような予想問題集などで勉強をするのかということよりも…。

2017-07-13 15:30:02 | 日記

一般的に平均の合格率が僅か7%と聞きますと、行政書士試験は著しく難易度が高くみえますけれど、絶対評価により到達度点数の最低でも60%以上の問題をしっかりクリアすれば、合格するということは確実となります。
基本行政書士は、オール独学でやっても合格可能な資格の一つといわれています。目下、仕事をしている人が決心して努力する資格としましては見込みがあるものですが、裏腹ですこぶる難易度も高でございます。
過去に日商簿記試験1級・2級を完全独学で、合格をゲットされた受験生ならば、行政書士試験での試験科目の簿記論ですとか財務諸表論の2種類に限定しては、これらも両方独学で試験に合格するのも、なしえないチャレンジではないかもしれません。
毎度大抵、行政書士試験における合格率は、ほぼ2〜3%強といわれています。長いスパンに渡る試験勉強時間との両者のバランスの様子にて考えたら、行政書士の試験内容がどれ程高難度かがご想像いただけるかと思われます。
大抵、行政書士試験に一から独学で合格することは、生半可な努力では無理という現実を踏まえておくように。それに関しましてはこれまでの合格率の数字が10%いかない真実があることによっても、ダイレクトに推察できることです。

そもそも通信教育は、テキストなど教材一式のレベルが合否を分けるものです。今日びはDVDやまたウェブでのオンライン配信などの動画授業も豊富にございますけれども、行政書士の学校により、その内容についてはかなり異なります。
行政書士の代わりになる「暮らしの法律屋」として、活躍可能な行政書士の試験を受ける上で、学歴につきましては何も定められていません。基本受験したいと思えば誰もが皆さんチャレンジすることが可能なため、数ある通信教育でも、性別問わず幅広い年齢層より高人気の法律資格でございます。
一般的に行政書士の仕事は、高難易度の法律資格試験の関門として、いろんな歳の方達に大人気となっているわけですが、合格が決まった未来には、すぐさま自分の営業所を設けて、独立して開くといったことも実現できる唯一の法律系専門試験なんです。
昼間サラリーマンとして勤務しながら、行政書士を狙うなんて方もおられるかと思いますから、自身の実施できることを毎日ずっと少しずつ継続して行っていくというのが、行政書士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。
いかような予想問題集などで勉強をするのかということよりも、どんな効率の良い勉強法で学習を進めるのかという方が、はるかに行政書士試験をクリアするためには重要だと言えます

リアルに会計事務所OR行政書士事務所に入社し、実務経験を積み重ねつつ、少しずつ学習を行うという考えを持つ受験生は、あえて言うならば通信講座が最適かと思います。
実際数多くの受験生は、名の知れた会社だから確実なハズ等の、動機の無いうやむやな理由にて、通信教育を選びがちです。ですが、そのような決め方で高難易度の行政書士に、合格は出来ないと思います。
経験豊かなスペシャリストの講師陣に直々に指導を受けることが出来る通学面の利点は、大変魅力がありますけれど、安定した気持ちを持ち続けることが出来るなら、行政書士向けの通信教育で学習することで、充分に実力を磨くことができるのではないでしょうか。
このWEBサイトについては、現役で活躍している行政書士が、行政書士試験の効率いい勉強法を伝授し、主な行政書士向けの通信講座の受験生間においての人気の現状、口コミサイトなどの調査を行い、掲載している専門サイトであります。
他よりもかかる費用が安い、勉強範囲をチョイスして、勉強量を少なめに設けた独自の教程、ハイクオリティのオリジナルテキストなどが評判の通信講座の『フォーサイト』。行政書士通信講座ならまずコレ!と断定できるほど、大変好評です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|結局のところ…。 | トップ | 行政書士|丸々独学でこなし... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL