13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|現実的に行政書士試験は…。

2017-06-14 09:20:02 | 日記

現実的に行政書士試験は、そう簡単ではないと言われている、国家資格として挙げられます。このHPでは、目的とする行政書士試験に必ず合格するための能率的な勉強法等を、自らの合格するまでの体験記を基とし記載します。
DVD教材や、テキスト教材を見るという勉強アプローチに、ちょっと不安を感じますが、現に通信講座を利用して、行政書士資格取得を実現した受験生もとても多いし、独学で進めるよりは、マシではないかと思うのです。
昨今の行政書士に関しましては、相当難易度が高い内容になっていて、通信教育の会社・カリキュラム選びで、合否判定が決まってしまいます。とは言っても、数え切れないくらいの会社があるため、一体どの会社に決めると確実か、判断が付かない方も多いのでは。
元来通信教育(通信講座)は、学習材の出来栄えが全てを左右してしまいます。今日びはDVDとかインターネットでの動画配信などの授業を録画した映像教材なんかも色々提供されていますが、行政書士の資格学校によって、アプローチ内容はかなり異なります。
網羅性を持ったテキストブックにすら記されていない、知識が必要になる問題に関しましては、スグに断念すると良いかと思います。スパッと割り切ることも、高い難易度の行政書士試験にあたっては、大事な点とされます。

どのような事柄に対しても「法律を基本にして問題に接することが可能である人」であるか否かを判断するような、大変難易度アップの試験としていわれているのが、今の行政書士試験の実相と感じております。
この先資格をとろうと受験学習をスタートする人達におきましては、「行政書士試験に関しては、どの程度の学習時間を費やせば合格できるのか?」という問いは、気に掛かる部分ではないでしょうか。
著しく高難易度の資格試験になっておりますけど、各々別々に受験可能であるんで、そういったことも関係して行政書士試験に関しては、毎回5万人超を超える受験者が受験に取り組む、受かりにくい試験となってます。
実際法務専門の法科大学院で学業を修めた方でも、不合格結果がもたらされることもあるくらいなので、要点をとらえた質の高い勉強法を色々考えて立ち向かわなければ、行政書士の試験で合格を獲得するといったことは難しいでしょう。
要領の悪い勉強法をやり続けて、茨の道に入ってしまうことほど、もったいないことはないです。是が非でも効果的な手立てで短い年数で合格を手にして、夢の行政書士の道を切り開きましょう。

色々存在している行政書士の通信講座のうちでも、特にお薦めしたいのは、高い合格実績を誇るLEC です。講座で使用する学習書は、行政書士資格取得の勉強中の受験者たちの間で、非常に使い勝手の良い手引きとしまして注目されています。
通信教育(通信講座)だと、行政書士試験対象の事前策を完璧に取り扱っている、受験専用の特別教材がございますから、完全独学よりも勉強方法が得やすく、勉強が効率よくできるといえます。
一般的に行政書士の合格率の数値は、およそ1.75%ぐらいと言われています。近ごろ、法律を専門に学ぶ法科大学院の教育機関が開講されて、その学科をクリアしたら、新司法試験を受験できる資格と法務博士(専門職)の専門職学位をゲットすることが可能です。
平たく言うといわゆる「足切り点」という厳しい仕組みが、行政書士試験にはございます。すなわち、「範囲内の点数に到達していないと、落ちてしまいますよ」という基準の点数が定められているんです。
近ごろは行政書士試験対策用の、オンラインサイトでありましたり、現役で活躍している行政書士が、受験生宛てにメルマガニュース等を発行しており、情報収集の力のみならずやる気ともにずっと維持し続ける為にも役立つかと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|これから資格スク... | トップ | 行政書士|出来る限り危険を... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL