13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|ここ何年かいつも…。

2017-07-15 16:30:04 | 日記

世間一般的に行政書士については、法律系資格試験の門戸の狭い入口ながらも、男女問わず・世代関係ナシで人気があるわけですがその一方、受験合格後には、個人オフィスなどを立ち上げ、最初から開業するという方法も不可能でない唯一の法律系専門試験なんです。
基本科目合格制度がある、行政書士試験については、ひとたびで、5つの科目の試験を受けることは求められておらず、各々の科目に分けて受験することもOKとされています。1回合格した科目は、この後も行政書士となるまで有効なのです。
今までは行政書士試験の内容は、他の資格と比べて合格を得られやすい資格と伝えられておりましたけれど、今は思い切り狭き門になっており、どんなに頑張っても合格を獲得することが容易でない資格になります。
合格率の値が毎年7%位と聞くと、行政書士の資格試験としては相当難易度が高そうにみえるものですけど、絶対評価によって定められた基準の最低でも60%以上の問題に正解できたら、合格を得ることは絶対でしょう。
ここ何年かいつも、行政書士試験の現実的な合格率については、ほぼ2〜3%強といわれています。必要なトータル勉強時間との相互の兼ね合いで考えますと、行政書士の国家資格取得試験がどれほど難関試験であるのかイメージすることができるのではないでしょうか。

科目による合格率の割合は、ほぼ10%前後と、各々の教科ともに高い難易度とされる行政書士試験は、科目合格制度を設けているため、社会人をしながら合格できる、資格でございます。
実際行政書士試験に関しては、壁が高いと認識されている、日本の国家資格の1つ。ここのサイトでは、行政書士試験にストレートで合格するための工夫された勉強法などを、私自身の合格出来るまでの体験禄をもとに色々記そうと思います。
学習のための時間が昼夜たっぷりあるという方は、標準的な勉強法を行えば、行政書士試験で合格を得ることも可ですが、別の仕事を持っているなど時間に余裕がない人に対しては、ベストな取組方法ではないでしょう。
もともと科目合格制をとっておりますため、行政書士試験においては、社会人の方も受験に挑戦しやすいのだけど、その一方受験勉強期間が長い間になるということがよくあります。これまでの先人の方の質の高い勉強法を実践してみることも有効です。
国家試験制度の改定実施にあたりまして、昔からよく見られた時の運の博打的な内容が全部消え、実に適格性があるのかが判別される実力本位の試験へと、行政書士試験は根本から変わりました。

実際に会計事務所であったり行政書士事務所に勤務して、実戦での経験を増やしながら、確実に勉強を行うというタイプの方は、どちらかといえば通信講座の方が適当だと言えるのではないでしょうか。
実際国家資格の中におきましても、高難易度の行政書士の業種ですが、けれども合格できるまでの経路が厳しければ厳しいほど、やっと資格取得した未来は高い需要があることや報酬のアップ、さらに高いステータスを獲得できるようなこともありうるのです。
今日び合格率1割に届かないと、行政書士試験はとても厳しい難易度の試験とされております。しかしながら、あんまり構えることはございません。努力を積み重ねれば、皆さん間違いナシに合格への道は開けますよ!
つまり専門スクールに行かないでも完全に独学であろうと、キチンと、行政書士の仕事について知ることができたなら、資格を手に入れることはできるのです。ですけど、それには相当、長時間を費やすことが要必須であります。
今の行政書士につきましては、かなり難易度のレベルが高めで、選んだ通信教育の良し悪しで、合格できるかOR不合格になるかが決まってしまいます。しかしながら、多様な会社が同じようなサービスを提供していて、どちらをセレクトすると最も良いか、思案する人も沢山いらっしゃるかと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|たった一人で独学... | トップ | 行政書士|実際に通信講座で... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL