13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|かいつまんで言えば「足切り点」(足切り最低点)という門前払いのシステムが…。

2017-07-11 02:40:02 | 日記

リアルタイムで、それとも数年以内に、行政書士の資格を得るのに一切独学で臨む方のために企画制作しました、多様な情報等を配信するサイトです。ここでは合格を得るためのノウハウをはじめとする、仕事について、及び業務の魅力などを色々掲載しております。
世間一般的に行政書士については、国家資格認定試験のハードルとして、各世代に人気が集まっている一方で、受験合格後には、スグに個人事務所等を発足し、営業をスタートすることも選択肢にある法律系認定試験といわれています。
現実、行政書士を目指すといった際については、専門学校に行かないで独学で合格を獲得しようとする人が少数となっていることもあり、実情別の法律系試験と照らし合わせると、役に立ちそうな市販の学習材もそんなに、販売されてません。
かいつまんで言えば「足切り点」(足切り最低点)という門前払いのシステムが、行政書士試験にはあるんです。要するに、「一定ラインの点数に足りていないなら、不合格です」という基準の点数がございます。
もともと科目合格制が採用されていることから、行政書士試験は、お仕事をしている社会人も受験に臨みやすいのですが、その分受験に費やす時間が長期化する傾向が見られます。よって先輩合格者方のやってきた勉強法を手本にするとよいのではないでしょうか。

どんな種類の教材で習得するかということ以上に、いかような勉強法を選んで学習を進めるのかという方が、はるかに行政書士試験をクリアするためには重要視されます。
昔は合格率の数字が10%強が定番になっておりました行政書士試験だったけども、最近は、ダウンし一桁のパーセンテージにて停滞しております。当然合格率が一桁といえば、難易度トップクラスの難関資格のひとつとして、認知されることになります。
行政書士試験の役割は、行政書士として活動するのに必須の基本・高等な知識やその応用する力や素質が十分あるのかないのかを、品定めすることを基本目的として、実施する難しい国家試験であります。
実際に行政書士試験は、トップクラスを誇る難関国家試験といわれている試験なので、経験豊富な教師陣が揃った予備校に頼った方が、リスクを避けられます。さりとて、独学で臨んだとしても人により、とても効果がみられるといったような事例もあるようです。
基本的に、行政書士試験に完全に独学で合格を実現するのは、簡単にできることではないということを覚えておくといいでしょう。例年の合格率が1割を超えない真実があることによっても、疑う余地もなく推察できることです。

今日皆々様方が、行政書士の合格・資格取得までを書いたブログ等の類を、色々わざわざインターネット等で見られている理由は、ほとんどが、どうした勉強法・やり方があなた自身により適正であるのか、思い迷っているからでしょう。
実際に行政書士試験におきましては、年も性別ともに受験の資格なんか無く、過去を遡った学歴なんかは限定されておりません。その為、それまで、例え法律に関しての勉強をした経験があらずとも、名高い学校を卒業しておらずとも、行政書士の資格をとることは可能でございます。
実際合格率がおおよそ7%というと、行政書士の資格試験についてはスゴク難易度が厳しくって大変そうですけれど、評価基準の最低60%以上の問題がちゃんと正解することができたなら、合格を獲得することは絶対に大丈夫です。
基本的に演習問題を何度も繰り返して理解を深化させ基礎を築いた後、実際の応用問題へスキルアップしていく、昔からのオーソドックスな勉強法で進めるのが、行政書士試験での簿記論に向けては、効果が見られるようであります。
最初から最後まで独学で行政書士試験合格を叶えるためには、あなた自身で正確な勉強法を発見する必要があります。そういうような折に、特段確実な手段は、すでに合格をされた方が取り組んでいた勉強法とそのまんま同じようにすること。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|通学講座&通信講... | トップ | 行政書士|限られている時間... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL