13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|通学式の講座と通信式での通信講座を一緒に受講できるカリキュラムがある…。

2017-07-11 14:00:06 | 日記

法律系の学部を専攻しておらずとも、これまでに一度も実務経験がなくとも行政書士資格取得は可能ですけども、とは言ってもやっぱり全部独学というケースは、相当な学習量も確実に要求されます。己自身もオール独学で合格を手に入れたため、心の底から感じております。
現今の行政書士試験については、事実上筆記試験しか存在しないという風に、思っていていいですよ。何故なら、口述試験に関しては、よほどでないと不合格になることのない難しくない試験とされているためです。
そもそも行政書士資格取得の際には、予備校に通学せずに独学で合格をしようとする受験者が少な目で、その他の国家資格試験に比べると、市販の学習テキストもほとんど、本屋さんに売っていません。
従来は行政書士試験の内容は、他の資格と比べて取得しやすい国家資格と伝えられておりましたけれど、近年におきましては著しく難関資格になっていて、かなり合格への道が簡単ではない資格となっています。
税制の消費税法は、行政書士試験科目の中では、あまり難易度は高度ではないもので、簿記の基本の知識をキッチリ身につけておくことによって、割りに容易く、合格圏内に入ることが出来るはず。

通学式の講座と通信式での通信講座を一緒に受講できるカリキュラムがある、CMでも有名な「資格の大原」は、満足のいく教材と、経験豊かな教師陣にて、毎回行政書士合格者の半分以上の合格者の結果を出す高い功績を残しています。
実際に法人税法の内容は、会社を営む場合に、絶対に覚えておかなければならない基礎知識となっています。とはいえ、覚えこむ量が膨大であるため、行政書士試験の教科の中にて最も高い壁と知られております。
簡潔に言うと行政書士試験とは、行政書士として活動するのに基本とする法令などの知識はじめ、応用力・考える力の有無を、見極めることを主要な目的として、年に1度受験できる門戸の狭い国家試験です。
全部独学での行政書士受験の勉強法を選択する際に、まさに問題となりますのは、勉学に励んでいる中にて分からないところがあらわれた際に、尋ねることが出来かねることです。
実際に「くらしの法律家」として、活躍可能な行政書士の試験を受ける時、学歴に関しましては不問とされております。基本的にどんな方でもトライ可能でありますから、通信教育の講座内でも、老若男女問わず高い人気がある資格に挙げられています。

世間一般的に行政書士の代わりに法的業務を行う地域に寄り添った法律家として、活動に期待が集まる行政書士におきましては、権威ある資格に挙げられます。その分、同時に試験の難易度の程度についてもかなり高いものとなっています。
こちらのHPサイトでは、行政書士資格の通信教育を、失敗しないように選定することができるように、ニュートラルな立場にて評価できる情報を様々揃えております。それ以後は、自らが選択しましょう。
普段からいろんな事柄に「法令を基に思考でモノを考えられる者」であるかそうでないのかということを選別するような、物凄く難易度の高い資格試験にチェンジしてきたのが、今の行政書士試験のリアルな現実ではないかと思います。
行政書士試験の学習を行っている際は、集中力を保持し続けることが出来なかったり、同じ精神状態を保つことがハードに思えたり短所も感じておりましたが、全体を通して通信講座を選択して、満足のいく結果が出たように思われます。
今日び、行政書士試験の合格率の値につきましては、ほぼ2〜3%強といわれています。勉強に費やす合計時間との互いの釣り合いを一考すると、行政書士の試験内容がどれ程までに難易度が高度となっているか頭に思い描けるはず。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|過去に日商簿記試... | トップ | 行政書士|行政書士の合格を... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL