13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ行政書士が教える独立、開業勝ち組になるノウハウを随時発信していくブログ

行政書士|社会人として働きながらも…。

2017-06-15 09:20:17 | 日記

一般的に行政書士の仕事は、国家資格試験の難しい関所でありながらも、あらゆる世代に人気が集まっている一方で、合格をゲットした将来には、自分で事務所などを作って、はじめから独立・開業の道も選択肢にある法律系の専門資格試験なのです。
ちょうど今、はたまた今後、行政書士に一から独学にてチャレンジする受験者のために作り上げた、便利なコンテンツサイトとなっております。ページ内には合格を獲得する為の学習方法の秘訣やまた、先輩行政書士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄など色々掲載しております。
社会人として働きながらも、行政書士になるための勉強をしている人も数多くいるでしょうから、あなたの実施できることを空いた時間に毎日コツコツと積み上げやっていくということが、行政書士試験合格を確実に得る最短ルートになるのかも。
これから行政書士の資格をとろうと受験勉強をスタートする人達におきましては、「行政書士試験に対しては、どの位の学習時間をキープしたら合格が叶うの?」というのは、当然気になるところでしょう。
実際司法試験と近い勉強法で実行するのは、法律知識ゼロからスタートする行政書士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、合計の勉強量が膨大なものになりがちです。かつさらに有益な結果は得られず、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)のバランスが悪いです。

基本科目合格制度がある、行政書士試験においては、同じ時に一度で、5科目全部を受験するといった規則はなく、各科目毎に受験しても良いシステムとなっています。先に合格をゲットした科目は、将来行政書士になることができるまで有効なものです。
合格率のパーセンテージが全体の7%前後とすると、行政書士の国家試験はとっても難易度が高くって狭き門のように思ってしまいますが、特定の基準に基づいた少なくとも60%以上の問題に正解できたら、受験に合格することは確実となります。
元々行政書士試験は、簡単な試験ではありません。合格率の平均は、おおよそ10%位です。けれど、一発試験ではなく、数年かけて合格を目指す計画でしたら、著しく大変なことではないでしょう。
中には法科大学院を卒業されたという実力の持ち主でも、不合格結果がもたらされることもあるぐらいですから、つぼを押さえた能率的な勉強法を理解した上で全身全霊で頑張るようにしないと、行政書士試験に合格をするのは簡単ではないでしょう。
通常通信教育でありますと、行政書士試験の受験対策を全て網羅した、受験向けのテキスト教材が取り揃っているため、全て独学でしていくよりも学習の仕方が掴みやすくって、勉強が行いやすいと断言します。

どのような事柄に対しても「法律を基本にして思考が出来る人物」であるかどうであるのかといったことを審査されているみたいな、すこぶる難易度の高い資格試験になってきていますのが、近年の行政書士試験の現況と受け止めています。
毎年行政書士の合格率は、ザッと1.75%といった結果があります。今日び、日本国内に法務専門の法科大学院という機関が新しくでき、この学部を終えることが出来れば、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位が与えられます。
もちろん行政書士試験をはじめから独学で挑むことは、著しく難易度の高いことですが、そんなハンデがあってもやりたいと考えている方は、まずもって会計学の勉強より挑むべし。
何年か前までは合格率の数値が10%あたりが当たり前だった行政書士試験でしたが、今では、10パーセント以下でおさまりつづけています。当然合格率が一桁といえば、高い難易度の難関国家資格として、考えられます。
要するに行政書士試験というのは、行政書士の資格を得るのに基本とする高い学識、並びにそれを応用する能力の有りOR無しを、審判することを目当てに、行われております難易度の高い国家試験です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|合格率の数字がお... | トップ | 行政書士|今時は…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL