ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

ひとり観戦はラクです

2017-03-13 11:14:34 | 日記
群れる集団は集団心理が働いてヤバイです。

実際、現在ひとり観戦をしているワタシからすれば、
これまでの教訓で「群れる集団はヤバイ」という事を
ひしひしと感じています。

結局一人では何もできないから、
同じような類を見つけて、快適な空間を作り上げて、
それを乱さずになんとなく過ごす。

ワタシの場合、一人で結構な割合でいろんな事ができてしまうので、
それが逆に群の中で居心地の悪さや違和感を
いつもどこかで感じていました。
なんでしょうね、ただ利用されてるだけというか。

で、そういう「ヤバイ群れる集団」に属すると、
依存する、寄生する、流される、頼る、けん制する、監視する、
といった事が発生するわけです。

元々がひとり観戦でのスタートでしたので、
この辺は本当に違和感を感じていました。

ひとり観戦がかっこいいわけでもないし、
偉い事でもないし、凄くも素晴らしい事でもありません。

でも、群れて一人では何もできない、一人で判断できない、
集団の空気に流されて思っている事を言えないよりは
よっぽど健全だし、自分という「個」を出せると思っています。

それに、群れると絶対に群の外で悪い評判が回る(笑)
それは一人では何も出来ないくせに、
大勢でつるんだら底意地の悪い行動を取ったり、
一人の時には攻撃的な意見は言えないくせに、
群がバックにいると気が大きくなって侮辱や威嚇をしてきたり、
一人ではいられないので対個人では感じ良くするけど、
集団で自分優位になりたいと思った途端に弱者を攻撃する。
といった、悪い集団心理から来るものではないかと。

また、二人以上になると出てくるのが「依存体質」。
本当は自分で決められる事も何も考えずにベッタリ依存してしまう人。
こういう人は単独行動が絶対にできないです。
何でも依存するのは、自分で決めるような責任のあることからは
極力逃げようとしているから。
素直なようで実は自分の意思が無い。
いつしか
「集団の誰かに決めてもらったほうが楽」
と思うようになり、何かトラブルが起こると
「自分が決めたわけじゃない」
と言い訳して逃げるんです。

ちょっと話がそれました(笑)

ひとり観戦というのは、
それだけ目の前の試合に集中できて、
群の中の人間関係などどこ吹く風と、一つの足枷を排除することができます。

群れる集団にいると、
結局何が目的でこの中にいるのかが分からなくなってしまう事もあります。
「なんかあの集まり楽しそうだなー」とか
「なんかあの人たち盛り上がってるなー」とか
別に卑屈になっているわけではなく、
そういった集団はなんか目的を履き違えているような気がしますし、
そこに加わりたいと思う人もまた、
潜在的に依存体質を抱えているんじゃないかと思います。

「誰かと一緒じゃなきゃスタジアムに行けない!」
「誰かと一緒じゃなきゃ観戦できない!」という方々、
本来の目的を思い出してください。
一見さんでもない限り「応援しに行く」という目的があれば
そんな概念は非常にくだらないと思いません?
だって、周りにいる人たちはみんな「応援に来ている」ある種の仲間ですよ。
そこで東京の話という共通の話題もあるんですから、話だって出来るでしょう。

逆に「群れる集団」に入ると、目的があやふやになって、
依存する、寄生する、流される、頼る、けん制する、監視する、
そしてトラブルがおきて本来の目的が二の次になって仲間じゃなくなる。

そんなのめんどくさいことになるだけじゃないですか(笑)
というかそういうめんどくさいことになったし(笑)

まあ複数でないとどうしてもダメという方は、
そこに依存しすぎないことを強くお勧めします。
本来の目的を見失わないという強い自分の意思を持っていないと
難しいでしょうけどね。

少なくとも頼られるのではなく、利用される為に群にいるくらいなら
ひとりで行動して徳を振りまいていくほうが
自己評価も他己評価も良い筈です。

個人的にはひとり観戦のほうが絶対楽。
これは間違いない。

「ひとり」の哲学 (新潮選書)
新潮社

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。








にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 芸達者 | トップ | 日本にブリスベン・ロアーが... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL