ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

明日は天皇杯ラウンド16 Honda FC戦です

2016-11-08 11:31:34 | 観戦記
リーグ戦が終わってようやくですが(笑)
東京の天皇杯が開幕します。

今回の天皇杯は昨年に続いてスーパーシードでラウンド16からの登場。
昨年は1stステージ2位の実績からでしたが、
今年はACLに出場という事でのシード権獲得です。
※昨年はACLでベスト8まで行かないとシードになりませんでしたが、
 今年はACLに出ればOKという事になりました。

という事は、昨年のシードは武藤のおかげで、
今年のシードは昨年ACLの出場権を獲得とは言っても
リーグ年間4位でただなりのおかげで繰り上がり出場権獲得ですから・・・
徹底的に他力本願(笑)
しかも来年からACLシードは廃止されるみたいです(笑)

さて、トーナメント戦の初戦はやはり難しい試合になるもの。
歴代の東京の天皇杯初戦ですが・・・
2015 ○2-0(VS 水戸)
2014 ○8-0(VS 秋田)
2013 ○1-0(VS 横河武蔵野)
2012 ●0-1(VS 横河武蔵野)
2011 ○4-0(VS FC KAGOSHIMA)
2010 ○2-0(VS 駒澤大学)
2009 ○4-0(VS 讃岐)
2008 ○2-1(VS 仙台)
2007 ○2-1(VS TDK SC)
2006 ○7-0(VS バンディオンセ神戸)
2005 ○2-0(VS 福岡)
2004 ○1-0(VS 仙台)
2003 ○2(PK6-5)2(VS Honda FC)
2002 ●3-4(VS 湘南)
2001 ●0-1(VS 横浜FC)
2000 ●0-1(VS 甲府)
1999 ○2-0(VS 草津東高校)

どうしても2012年が引っかかる(笑)
ちなみにカップ戦、特に初戦で持ってるのは誰か。
という事で得点数も調べました。
※通算2得点以上
2点:エドゥー、おでん、ヤザー、馬場憂太
3点:ルーカス
4点:ヨシロー、のりお

そして、天皇杯初戦の最多得点選手はこの人。

6点:平山

確かに初戦じゃなくても平山が天皇杯で活躍しているイメージが強いですわ。
となるとスタメンとも予想されている平山にはかなり期待ですね。

さて相手。Honda FCですが、ベスト16では唯一Jリーグ以外からの勝ち残り。
という事はつまり、静岡県代表という事ですね。
ちなみにここ最近は静岡県予選で敗退していたこともあり、
天皇杯は6年ぶりの出場となっています。

Honda FCといえば「最強のアマチュア」として名高いクラブ。
本田技研のサッカー部として、選手は全員アマチュア(社員)というイメージがありますが、
実は2014年から再びプロ・アマ混成の体制に戻りました(笑)
それまでは近年では古橋(⇒セレッソ)、宇留野(⇒甲府)、村松(⇒湘南)、早坂(⇒鳥栖)と、
頻繁にJクラブに選手を輩出していましたが、
近年はプロ・アマ混成の体制となった事もあってか、
プロ契約でクラブにとどまる選手も複数いるようです。
あ、そうそう。安間ヘッドコーチはHonda FCの元監督です。
ですから古巣との対決になるわけですねえ。

そんなHonda FCの現在ですが、JFLは1試合を残して年間勝ち点では首位。
Jリーグ準加盟の3クラブ(沼津、奈良、八戸)を差し置いて、
まさに「Jへの登竜門」という役割を果たしています。

そして先述の古橋が2014年よりチームに復帰。
今シーズンはJFLで9得点を上げ、復帰後最高の成績を残しており、
明日の試合でもメンバー入りが予想されます。

とまあこういったチームですから、全く気は抜けません。
たぶんJ3にいたら普通に昇格争いに絡んでいるでしょうし、
今だったらもしかしたらJ2でも山形とかよりも強いかもしれません。

まして、東京はおでんキャプテン、マルちゃん、バーンズが代表で抜けています。
チームはそんなことないと思いますが、
J3の下という事で舐めてかかるとやられる可能性大です。

出場する選手は必ず責任感を持ったプレーを。

キックオフは19:00です。寒そう・・・

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。







にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駒沢DEドロンパさん | トップ | 観客動員でも数字は嘘をつかない »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL