ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

なぜ今年のトップ昇格は2名だけか

2017-10-12 17:33:27 | 日記
来シーズン、U-18からトップ昇格を果たすのは
愛斗とはらたいちの2名。

今シーズンが、波多野、マコ、喜丈、ウッチーと
4人だったことを考えると
少ないと感じる人も多いでしょう。
というかワタシがそうです。

しかし、昇格については
実力は勿論ですが、進学させたいという、
選手あるいは親御さんの意向であるとか、
そういった実力以外のところでも
昇格させる選手を決める判断が発生するわけです。

あともう一つ重要なのがトップチームの編成。
昨年は4人を昇格させたわけですが、
どのポジションも移籍者、
あるいは世代交代が必要なところでした。
特にウッチーは12月に昇格が決まったわけで、
これは急遽当該ポジションの選手が移籍するという
状況になったために昇格が決まったのでは?
と思わせるところがあります。

ならば来シーズン。
攻撃的な選手を昇格させたのは、
FWの高齢化が進んでいる事と、
はらたいちのような
長身タイプのFWがいないという事が
一番大きいのではないかという事ですね。
まして、大学から186cmの輝一も戻ってきます。

なので今回の新卒選手のトップ加入は
非常に分かりやすいのでは。

裏を返せば、現状ボランチあたりから後ろは
ほぼ顔ぶれが変わらないのでは?
という事も見えてきます。

これでまた追加でハセコーとかオカニーとかが
昇格という事にでもなれば、
それはその辺りの選手に移籍や引退などが
話として内部で浮上しているから、
という事になるかもしれませんね。

という事でまだ2人だけとは限らない、
という着地でいかがでしょうか(笑)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB
ソニー・インタラクティブエンタテインメント




いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。



欲しいものがきっと見つかります。








にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 地味にすごいと思って調べた... | トップ | 「YOSHImoTO METER」の「1」 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL