ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

2017.8.9 J1第21節 大宮1-2FC東京~ベテランの心意気~

2017-08-10 01:31:55 | 観戦記
観衆:11,115人
<得点者>
30分:前田(東京)
70分:カウエ(大宮)
77分:大久保嘉人(東京)










21節にして初めてです。

失点したのに勝った(笑)

ちなみにルヴァンまで含めれば2試合目ですが、
いずれも相手が大宮なのはどうなのかと(笑)

まだ初めてがあります。
ベテランまえださんと大久保さんのアベックゴール。
これまでなかなか二人とも出場という事がなかったですから。
このベテラン二人のアベックゴールは
石川様の復帰へのモチベーションにもなる
粋なものでした。
そして試合終了直後にリリースされた、
大久保さんの舎弟、河野の移籍。
舎弟へのはなむけとも言えるゴールでしたね。

そしてまえださんは今シーズンリーグ戦初ゴール。

・・・

あっ!

デスゴーデスゴーデスゴーオーオーデスデスデスデスゴー

大宮さん、ご愁傷さまです。

さらにさらに。
ヒョンスが復帰後初出場。

ヒョンスが真ん中に入った事によって、
高萩の後ろで第二の司令塔的役割を担い、
高萩とともにIHの二人をうまく操っていた印象。
もともとツルッパゲ時代の主力ですから、
攻撃的な守備ができる選手。
それが中国で揉まれて成長して帰ってきた。
大宮にはほぼ中央からは
崩される事はありませんでした。
高萩も殆どDFラインに下りてくる事は
ありませんでしたから、
これまでよりも攻撃に入る起点が高い位置になって、
厚みのある攻撃ができていたし、
東京の圧力に対して、
大宮はタッチに逃れるしかなくなり、
それが東京のCK8本というところに繋がったのかなと。

褒めちぎってばかりだと
あまりアクセスが増えないので(笑)
苦言をいくつか。

まず吉本。裏取られ過ぎです。
大宮の攻撃の多くが東京の右サイドを突いてきた。
そして攻撃的3バックのサイドCBは
ビルドアップをしていく事が求められるのだが、
吉本にそれを期待してはいけない(笑)
正直、最初から山田で良かった気が。

あとまたやっちゃいましたね。
セットプレーからの失点。
もうホントに非公開練習無しにしましょう。

そして、あれだけ攻めているイメージがありながら、
シュートはわずか4本(笑)
後半に至っては大久保さんのゴールの1本のみ。
2点入っているからいいのではなく、
これで点が入っていなかったら
「シュート撃て!」コールがこだましたことでしょう。
効率よくというよりも、
どこからでも誰からでもシュートがあるよと
見せる方が大事なんじゃないでしょうか。

とは言え、これまでの試合と比較して、
どういう事をやっていきたいのかは
見えたような気がします。
実りは多かった試合でした。

次節はまたまた中三日。
ホームで神戸戦です。

みんな、ルーカスが味スタにやってくるよ!


・・・あ、ルーカス・ポドルスキの事です。



いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。



欲しいものがきっと見つかります。








にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 【速報】2017.8.9 J1第21節 ... | トップ | 河野広貴選手 サガン鳥栖へ完... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL