ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

OAが入るとJ3で勝てない理由

2017-08-09 11:15:00 | 日記
先日お知らせしたとおり、
J3では現在、OAが出場した試合に
1試合も勝っていません。

観ていると、OAがむしろ足枷のようにすら見えます。

ならばなぜ足枷になったり勝てなかったりするのか。

理由は簡単だと思います。

U-23~U-18で取り組んでいるコンセプトに
トップがついてきていないからです。
ご存知の通り、そのコンセプトとは、
攻守一体の原則。
引いて守っている時こそが、
攻撃のチャンスとなり得る。

それを11人全員が体現出来て初めて、
チームとしてまとまり、
一体感のあるサッカーをすることができるのです。

なので、体現できないOAが入る事によって、
一体感がなくなり、
まともにサッカーにならないという事です。

対長野で考えると分かりやすいです。
J3での長野戦は0-0のスコアレスドローでした。
しかし天皇杯の長野戦は1-1でPK戦で敗北。

これがいかにトップが志向するサッカー、
と言っても何をしたいのかよく分かりませんが、
ともかくトップのサッカーが
U-23~U-18のサッカーよりも
質で劣っているという象徴と言えるでしょう。

新潟戦とルヴァンPO広島戦でU-23から
多くの選手が出場しました。
彼らはトップの選手よりも
遥かに躍動していました。
ところがU-23が一人もいなかった川崎戦はどうでしょう。
攻撃的な布陣とは裏腹のドン引きカウンター狙い。
カウンター狙いと言っても、
引いている時に攻撃のチャンスを
うかがっているわけでもない。

この攻守一体の原則こそが、
「守備でも主導権を握る」という事に
繋がるのではないでしょうか。
という事は2020VISIONに適合するのは
まさにU-23~U-18であると。

もう今のうちにどんどん入れ替えましょう。
幸い、トップからはポロポロと移籍者が出てきてますし。

U-18でも簡単にやっているんだよ!
君たちプロフェッショナルだよね!
お金をもらっているんだよね!
だったら練習からU-18よりもクオリティを
上げなきゃいけないんじゃないの!?


↑これもう的を得すぎていて
流行語大賞有力候補です(笑)



いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。



欲しいものがきっと見つかります。








にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実録ゲーフラ作り | トップ | 大宮からこんにちは »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL