ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

攻撃がすごいチーム×守備がすごいチーム

2017-03-06 17:03:43 | 日記
特にJリーグにおいては
攻撃、もしくは守備に偏重したチームが多いですね。
攻撃で言えばガンバとか川崎とか。
守備で言えば東京もそうですが、あとはマリノスとか鳥栖とか。

その一方で、攻撃がすごいチームは守備が、
反対に守備がすごいチームは攻撃がイマイチという特徴もありますね。

そこでちょっと考えてみたんです。
なんで攻撃、もしくは守備に偏重したチームができてしまうのか。

一つにはチームスタイルというものがあるでしょう。
スタイルとして守備は二の次でまず点を取る事に力を注ぐ。
あるいは攻撃は守備を構築してからの話と。
これは言い方を変えれば「おざなり」とも言いますが、
おざなりにされているのが守備にしても攻撃にしても、
基本的に個人の能力任せ、という傾向が強い気がします。

もう一つありそうだなあと思ったのが、日々の練習の事。
多くのチームは練習で紅白戦をしています。
そこで例えば攻撃がウリのチームならバカスカ点を取るだろうし、
守備がウリのチームならガッチリ守って点を取らせないだろうし。
そこで点を取られた守備陣は自信を失い、
点を取れなかった攻撃陣もまた自信を失う。

そうした日ごろの練習で実戦で守るという感覚、
そして実戦で点を取るという感覚を
失わされているのではないか、というのが
ちょっと考えてみた結論です。

まあ、そこまで単純なものでもないとは思いますが、
あまりに点が取れないと、
そういう事なんじゃないかと疑ってしまいますよね。

うーん、サッカーは難しい(笑)

理不尽に「攻撃してくる人」から自分を守るスキルの身につけ方
ぱる出版

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。








にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マリノス枠」と「ジュビロ枠」 | トップ | 当ブログに年齢制限はありません »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL