ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

J1年間4位<<<J2優勝

2016-10-15 08:30:24 | 日記
J1リーグも残り3節となりました。

東京は一応数字上は
タナボタ枠の4位の可能性は残っているものの、
事実上の終戦と言ってもいいでしょうね。

おっと、それでもまだ賞金圏内である
7位の可能性は広島と6点差ですから、
まだまだありそうですね。

・・・ん?

少々お待ちください。

カタカタカタカタカタカタ・・・(検索中)

えっ!?

マジで!?


大変です。
昨シーズンから賞金体系が変わっていました。
不勉強で恐縮です。

2014年までは、賞金として
1位:2億円
2位:1億円
3位:8000万円
4位:6000万円
5位:4000万円
6位:2000万円
7位:1000万円

という風に設定されていました。
なので、7位までをいわゆる「賞金圏内」
と呼んでいました。

ところが、昨シーズンから2ステージ制となったことにより、
賞金体系が変わり、
各ステージ優勝:5000万円
各ステージ2位以下:0円
年間勝点1位:8000万円
年間勝点2位:3000万円
年間勝点3位:2000万円
年間勝点4位以下:0円

となってしまいました。※CSで追加賞金あり
つまり、CS出場まで行かない限り、
リーグ戦の賞金は全く得られないという事になります。

という事はですよ、
昨シーズン、年間4位だった東京は
賞金を6000万円もらっていたと思いきや、
リーグ成績での賞金は1円ももらっていないという事なのです。
そして今シーズンについても、
既に年間勝点3位以内は消滅していますので、
同時にリーグ戦での賞金をもらえる事はなくなりました。

そんなわけで、
昨シーズン東京がもらった賞金は
天皇杯ベスト8の1000万円だけ。
それに対して今シーズンは、
まずルヴァン杯ベスト4で2000万円。
これだけで昨年を超えました(笑)
そしてACLでラウンド16に進出して、
渡航費と合わせて8万ドル(約840万円)。
そしてグループステージの成績が
3勝2敗1分で渡航費と合わせて23万ドル(約2400万円)。
というわけで、
既に5000万円以上の賞金をもらっています。
昨年よりも成績が悪いのに、
賞金は昨年よりも多い。不思議ですね(笑)

ちなみにJ2とJ3にも賞金が設定されていますよ。
J2
優勝:2000万円
2位:1000万円
3位:500万円

J3
優勝:500万円
2位:250万円

東京はJ3にも参戦していますので、
育成を主目的とはしていますが、
あながち勝ちにこだわるというのも間違いではないですね。

・・・

あれ!?

マジで!?


あれれ、気づいちゃいましたよ。
2015年の獲得賞金。
東京:1000万円(天皇杯ベスト8)
大宮:2000万円(J2優勝)
磐田:1000万円(J2 2位)


なんでJ1の4位よりも
J2の2位のほうがリーグ戦の賞金をもらえているのだ!?

来シーズン、この辺が是正されることを祈ります。

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。







にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイが大変なことに | トップ | 明日はJ3カターレ富山戦です »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL