ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

下部組織出身のプロ選手の所属数

2016-10-18 12:07:06 | 日記
今年からJ3に参戦している東京。

U-23という事で、プロ契約の選手が不足しているときには
二種登録のU-18からかり出す事もしばしば。

これはさぞかし現在チームに所属している下部組織出身者も多い事だろうと、
思っていたんですが、いざ調べてみたら想像とはちょっと違っていました。

東京のプロ契約選手で、自クラブ、つまり東京の下部組織出身者は
現在7人でした。※梶山、吉本、丸山、橋本、野澤、佐々木、柳
ちょっと意外ですね。
これは二種登録や特別指定があまりに多いから、
プロ契約も多いように見えたんでしょうか(笑)
まあ、現在タマと権ちゃんがレンタル中、
そして来シーズンは3人トップ昇格をしますから、
今年よりは増えることになるでしょうね。たぶん。

ならばよそのクラブはどうなのか。

東京よりも下部組織出身のプロ契約選手の所属が多いクラブが、
なんと6つもありました。
9人:鹿島
9人:大宮

この辺はプレミアでも強いですからね。
あとはもっと主力になる割合が高くなっていけば、ってところでしょうか。

13人:C大阪
ここはJ3参戦の意味合いが強いですね。
二種登録選手も多くいます。

柏:16人
すげえなあ・・・w
セカンドチームを持っていなくてこの人数ですか。
ちなみに登録選手の半分以上を占めています(笑)

18人:G大阪
ここもJ3参戦の意味合いが強いです。
しかし、トップでやっている選手も多い。東口とか丹羽とか。
補強・育成の二本柱は東京も参考にする点はありそうですね。

・・・あ、あと一つですね。

15人:ヴェルディ
Jユースカップは1回戦で敗退。
近年は昇格というよりも補充という意味合いが強い気が・・・
河野や中島のように売ることもなかなか難しくなっているような感じもします。

東京もU-23の立ち上げ初年度です。
試行錯誤を繰り返して育成の理想像が見えてくるのだと思います。

結果や集客だけで成功・失敗を判断するのは性急ですね。

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。







にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 60試合オーバー予定 | トップ | オーストラリアとブリスベン... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL