ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

U-18→U-23→トップチームの連動強化を強く求める

2017-09-07 16:44:27 | 日記
最近になってようやく、
小川や柳、山田といったあたりが
U-23からトップに絡むようになってきました。

しかしこういった流れは本来、
昨年からJ3に参戦しているのだから
シーズン当初からできていなければおかしい話で、
もっとこういった流れが自然になっていかないと、
トップチームにおける競争の原理は成り立たなくなります。

何度でも言います。
トップ強化の為のJ3でありU-23であるべきで、
J3の為のU-23であったり、
リハビリのためのJ3であってはならないのです。

もっとU-23からトップに選手が動いていく流れを作らないと、
逆にU-23が選手過多になっていきます。

育成年代からトップで実戦経験を積むことがいかに大事か。

昨年も春先は波多野も岡崎マコも喜丈もウッチーも
トップ行きが既定路線だったわけではありません。
そこはやはりJ3とはいってもプロの環境での実戦経験が
尋常ではないスピードで成長を促し、
プロで通用する選手へと変貌させたのかなと。

そして、現在のU-23は来季のトップ昇格、
先を見据えた2年生以下の二種登録、
既存U-23選手の叩き上げなど、
さまざまな思いが入り混じる舞台となっています。
そんな環境が選手の、そしてチームの成長スピードを
ぐんぐんと上げていっている。
幹や愛斗、はらたいちなどは特に
成長スピードのギアがググンと加速した選手たちです。

それだけ成長のスピードが速いのならば、
トップチームもそれに応えられる環境を作らなければいけない。

どれだけ成果を上げても、
だらしないトップチームにさえ絡めなければ、
選手は自信を失ったり腐っていきます。

来年からと言わず、今からでも
世代交代を推し進めることを強く望みます。

もうあぶれたおっさんはOAとしてやる気を出してJ3でプレーしてて下さい。

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB
ソニー・インタラクティブエンタテインメント




いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。



欲しいものがきっと見つかります。








にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 好不調ともそれなりにリスク... | トップ | やっぱり代表にはたくさん呼... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL