ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

青赤の呪い

2017-11-14 11:05:46 | 日記
あくまで個人的な見解ですが・・・

後味が悪い移籍ってやっぱり存在します。
なんでしょうね。
後ろ足で砂をかけるように出て行くというか。

そういう選手はいくら苦しい時に一緒に戦った仲間でも
拍手で迎えることは絶対に出来ないですね。
※個人の見解です

そこが個人的には移籍した後も応援したいか
応援したくないかの違いです。

で、そんな後味が悪い移籍をした選手はその後どうなったか。
とんでもないことが分かりました。
※選手のピックアップも個人的見解です

前田浩二(2000)
⇒2000年に加入するも2ヶ月で福岡に移籍。
 翌2001年に福岡はJ2降格
 更に監督では公式戦28戦連続未勝利記録を樹立。


呂比須ワグナー(2001)
⇒2001年に加入するも、
 シーズン途中に福岡に移籍。
 同年福岡はJ2降格
 さらにセホーンとともにガンバを指導し
 全く勝てず解任。ガンバはJ2降格
 さらに今年も新潟は徳俵いっぱいの状況。


増田忠俊(2000~2001)
⇒2000年6月に鹿島より移籍。
 2001年シーズン限りで千葉へ移籍。
 さらに翌年には柏に移籍し、
 3シーズン目の2005年に柏はJ2降格


伊野波雅彦(2006~2007)
⇒2008年より鹿島に移籍。
 北京五輪選出を目的としたが落選。
 2012年には神戸でJ2降格
 翌2013年には磐田でJ2降格


増嶋竜也(2004~2006)
⇒2007年、甲府に期限付き移籍。
 同年、甲府はJ2降格
 翌2008年には京都へ移籍。
 2010年、京都はJ2降格


馬場憂太(2002~2007)
⇒2008年、JFKの説得に応じず千葉に移籍。
 千葉は翌2009年にJ2降格
 焼肉王子。


今野泰幸(2004~2011)
⇒加入前の札幌でJ2降格
 東京でも2010年にJ2降格
 移籍初年度の2012年にはガンバまでJ2降格
 現在、在籍Jクラブ3クラブ連続で降格経験中。


長谷川アーリアジャスール(2012~2013)
⇒セレッソ移籍初年度2014年にJ2降格
 2016年に在籍した湘南もJ2降格
 今年の大宮もそうなりそう。


そうです。
必ず移籍した先が降格しているのです。
まさに疫病神。

あ、これは貧乏神でした。おなじようなもんです(笑)

あと来年以降に向けて、
新たな疫病神候補が誕生しました。







海外でのプレーを目指して
契約解除してやったのに、その2週間後に国内移籍。
これこそ恩知らずでしょ。
暖かく迎えるとかありえない、と思います。
そもそも昨年のうちにクラブは
復帰の打診をしたけど、海外でやりたい、
と固辞したから林にオファーを出したのです。
林が来たから構想外になったわけじゃありませんよ。
順番が逆です。

こんな移籍、海外だったらゴンタくんの首を投げつけられますよ。

泣き崩れて謝るくらいならそういう事はしちゃだめ。

個人的にはこれがメッセージです。


今度のアウェイ戦では集中的に狙ってやりましょう。
それが反逆者への答えでしょ。



FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。















にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« お蔵入り | トップ | 真実は公式発表のみ~昨年の... »