ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

2016年のよふけ

2016-12-31 21:04:00 | 日記
2016年も残すところあとわずかとなりました。

今日でエドゥーの加入リリースからちょうど3年が経ちました。

そのエドゥーは全北へ移籍をしてしまい、
ACLに出ていたと思ったら、今度は中国二部へ移籍。
さらには気付いたら全北に復帰してCWCに出ていました。

今年までいたら結果も変わっていたろうに、
と感じてしまいます。
まあこのころはまだ東京がACLに出るなんて
想像だにしていませんでしたからね。

いまだにヒロシが何をやりたかったんだろう、
最初からしのさんで良かったんじゃないか、
という風に感じてしまいます。

でもそうなったらそうなったで、
何かにつけて文句をつけるのが大好きな方々が
何かしらの文句をたれていたでしょうから、
これはこれで良かったのかもしれません(笑)

当ブログ、というか個人的な活動の話になりますが、
J1、天皇杯、ルヴァン杯、ACL、そしてU-18と
合計年間71試合を観戦する事ができ、
リーグ戦は9年連続で全試合現地観戦できました。
国内公式戦というくくりでも、
全試合を観戦することができました。
また、国内トップチーム公式戦の通算観戦数も
来年夏頃には500試合に到達する見込みとなりました。
これらはすべて、ライブ感を大事にするという
基本理念と、何かが起こるさまを
現地で見なければ気が済まない、
というところから来ていると思います。

春先には俗にいう「ゲーフラ事件」に見舞われ、
そこから病気の悪化により当ブログ存続はおろか、
生命の危機に瀕するという事態にもなりました。

しかし、そこからのV字回復は
凄まじいものがありました。
より「我が道を行く」というスタンスを突き詰め、
それによって、新たな出会いにも恵まれました。

その結果、当たりそうなものがほぼ当たったり、
勝負運にも恵まれました。

結局、「ゲーフラ事件」の首謀者集団は
「疫病神」という事だったのでしょう。
そう考えたら、その集団が絡む選手、監督、
あるいはチームに至るまで、
ことごとく災いが起こったのは偶然ではないでしょう。

もうあと三週間もすれば、新しいシーズンが始まります。
今の時点では想像だにできない、
「こんなことが!?」ということも起こるでしょう。

ですからやっぱり
まずは様子を見てみましょう。

良い新年をお迎えください。

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。








にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 2016・当ブログ重大でもない... | トップ | 2017年のよあけ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL