ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

全体練習合流記念・岡崎マコの紹介をもう一度

2017-05-18 11:11:00 | 日記
今週から岡崎マコが全体練習に合流したとの事です。

手薄な守備陣でこの復帰は心強い。

そこで昨夏上げたマコの紹介を
再編集してもう一度上げます。

後ろの選手の昇格が非常に多い東京。

今シーズンもDFが昇格を果たしました。


岡崎マコを初めて認識したのは3年前。
Jユースカップ準決勝ガンバユース戦に
1年生でスタメン出場した時の事でした。
テレビ観戦でしたけど。

その時の第一印象は、
一文字足したら岡崎慎司(笑)

でもポジションも違うのでそれほど気にはかからず(笑)

しかし、実績はと言えば「飛び級」という言葉がよく似合う。
U-15深川にいた中3からU-18のBチームの試合に出場したり、
1年生からAチームに帯同したり、
そして昨シーズンはU-23で
J3に1試合の出場停止を除く29試合に出場(チーム最多)。

これまでのインタビューや記事からも成長の軌跡が伺えます。

U-18の10年上の先輩である吉本から受けた影響も大きくあり、
タイプ的にはおでんキャプテンと同じだと思っていたようですが、
吉本から一から、初歩的なところから教えてもらい、
一番最初に言われたのは
『U-18でやるべきこととトップでは全然違うよ』と。
それを実際に自ら表現してくれて、
試合が終わった後には『ここはどうだった』と話をしてくれる。
それが岡崎マコにとっては大きな経験となったようです。

また、昨年のJ3大分戦で45分間マルちゃんとCBを組んだことで
より判断の速さの必要性を学んだ。

そういった成長が、
昨年のクラ選でのダントツに速い
守備のポジショニングの取り方や、
決勝戦での半谷くんへのアシストとなる
ロングフィードに繋がったと言えるでしょう。

現在の東京で本職をCBとする選手はマコを含めて5人。
他の選手の全ての長所を吸収した
次世代CBになる資質を持っているし、
そこに一歩ずつ、歩みを進めていると思います。

いよいよプロのマコがスタートしました。

Amazon Fire TV
※現在在庫あり
Amazon

Fire TV Stick (New モデル)
Amazon

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。








にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレビ東京「バナナマンのほ... | トップ | 画像はイメージです(笑) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL