ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

相手を楽にさせてどうする

2017-05-15 21:21:49 | 日記
もうたびたび出している話題です。

特にPPVの時期、
ひいては2008年頃からずっと言われていることですが、
ただエリアの外でボールを
回しているだけでは「怖さ」がありません。
それでもツルッパゲやイタリア人は「ゲームは我々が支配していた」とかぬかしていましたが。

相手にとって何が怖いかというと、
もちろんゴールを奪われる事が怖いわけです。
ただボールを保持しているだけでは
怖さを見せる事はできません。

怖さを見せるとどうなるかというと、
精神面で圧迫させて心拍数を上げさせる事で、
体力的にも精神的にも追い詰める状況になります。
だから、ボールを持っている時にただ回してるだけでは
「怖さがない=精神面で圧迫させられない=体力的にも消耗がない」
という図式が成り立ってしまいます。

そういう部分を相手からの目線で
大久保さんも感じていたところがあったのだと思います。

突破する事、崩す事、ゴールに向かって何度もプレーする事。
その姿勢や意識は、常に相手に見せなければいけない。
そうすれば相手の体力は削られ、走れなくなっていきます。

だから常に「怖さ」を見せられる選手が
ピッチにいなくてはいけない。
そこがこれまでの東京に欠けていた部分であり、
相手から見て「怖さ」を感じさせる事ができなかった原因の一つです。

テクニックやフィジカルも当然必要ですが、
一番必要なのはメンタル面で野心を持っている選手だと思います。

そういう意味で大久保さんは
ゴールを奪える・突破出来る力を持った怖い選手として、
東京に欠けていたものを植えつけるうってつけの存在であると思います。

と、思っていたら昨日の柏戦、
まーた同じことを繰り返した。
柏の選手は楽だったでしょうね。
全然消耗してないんじゃ?
だってエリアの周りでチンタラ回して
勝手にパスミスしてくれるんだから。

もう抜本的にメンバーから変えないとダメでしょうね。

Amazon Fire TV
※現在在庫あり
Amazon

Fire TV Stick (New モデル)
Amazon

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。








にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.5.14 J1第11節 FC東京1-... | トップ | シャーん者シャーん様 その37 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL