相談役の気ままなBLOG

相棒のNikon D500(たまにD300s)と遊んだ記録や野球など趣味のブログ。
さぁ、デジカメ持って出かけよう。

RED WING(レッドウィング)Boot 何足目?

2012年10月07日 11時22分41秒 | Boots
今日は朝から雨…

昨日出会ったモズに会おうかと思っていたけどムリ。

こんな日は、久々にブーツの手入れでもするかな。
ということで、夏の間しまっていたブーツを引っ張り出してきたのでメンテナンス前にパシャリと撮影しました。
ということで、やたらブーツを持っているのですが、今回は所有しているレッドウィングの紹介をしてみます。

レッドウィング1足目
RW2688 エンジニアブーツ ブラッククロームレザー

最近はいてないですね〜
なにせ、脱ぎ履きがかったるいですからね(笑)
今年はブーツ脱がなくてよい時は履いていくかな、他のレッドウィングと比べてきれいにしているので逆に新品ぽくて履いていきづらいというのもありますが。

このブーツはエンジニアですから当然安全靴基準に基づいて作られているわけで、足先には鉄板入り、革も厚く硬くそして重い!

本当に好きじゃないと履かないのでしょうね。
靴下も茶色くなりまくりですしね(笑)
私は、本職もエンジニアですので安全靴系に何の違和感もなく履きますけどね。
当然、長距離歩くときは絶対に履きません。

そんなブーツだからバイク乗るときにはとっても便利ってことで。

レッドウィング2足目
RW8166 6in プレーントゥ オロラセットボーテージレザー

これも履いてないな〜
毎年、手入れしてるだけかも…
なんか、ブーツの季節になると結構履いてる人がいるんですよね、いまだに…(笑)
本当に好きな人は良いのですが、お子様に履かれてるとチョットね。
近所に出かけるときのチョイ履きに使うかな。

レッドウィング3足目
RW1911 ベックマンブーツ ホーウィンチェリーレザー

このベックマンはお気に入りです。
発売当初のホーウィン社のレザーを使用した初期モデル。
結構、履いてるな〜
他のレッドウィングブーツと比べておしゃれだから、こじゃれた恰好の時にも履けるしね。

お気に入りなのでもう一枚

きれいな色ですね〜
ちゃんと手入れをすれば、6年以上たってこんな感じになるのですよ。

レッドウィング4足目
RW8111 アイアンレンジ アンバーハーネスレザー

これは、いつ購入だっけ?
去年か…
オイルががっつりしみ込んだレザーが良いですね。
先のベックマンとは全然逆の履き方、ガツガツ何も気にせず履いてます。
当然、履いた後のメンテナンスは行いますけどね。

このモデルは、現在のワークブーツのように足先に鉄板を入れる以前のワークブーツを再現してます。
なので、足先は革を重ねて強化されてます。
そんなブーツなので空港のセキュリティで引っかからないかなと思いましたが、残念!見事に引っかかりました(笑)

レッドウィング5足目
RW2907 ラインマンブーツ オロラセットボーテージレザー

電気屋さん用のブーツですね。
レッドウィングでは結構、いやかなり最初から履きやすいブーツではないでしょうか。
私も、歩く距離が長い時とか履きますね。

レッドウィング6足目
RW8158 100周年記念 6in プレーントゥ ホーウィンクロムエクセルレザー

100年記念モデルです。
革もホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用していて、他のモデルとは全然違う履き心地とエイジングが楽しめます。
ただし、クロムエクセルは決して強い革ではないので気をつけないといけないですけどね。

100周年モデルの刻印


レッドウィング7足目
RW8165 6in プレーントゥ ブラッククロームレザー

これは10年以上履いてるな〜
良い感じに育ってると思うんですけど、いかが?
でも、そろそろソール交換の時期かなっと思います。
現在は、ちょっとシャコタンぎみ、それも歩きやすくて良いんですけどね(笑)

レッドウィング8足目
RW2940 8in プレーントゥ オロラセットボーテージレザー

恰好いい〜
やっぱ編み上げだよね。
って、脱ぎ履き面倒くさいんですけど(笑)
ソールが昔のクッションクレープソールで少し茶色がかってます。
濡れたマンホールや石畳の上では結構滑ります。
気をつけていないと、ズルってね。

レッドウィング9足目
RW9871 6in "アイリッシュセッター" プレーントゥ ゴールドラセットレザー

昨年発売されたモデルですね。
発売が発表され、各お店で予約受付を開始したら「あっ」というまに売り切れになったことは記憶に新しいです。
このモデルで"アイリッシュセッター"が復活しました。
タグも懐かい犬タグで、ひもも革ひもという好きな人は必ず手にいれたくなると思う逸品です。
革も、ゴールドラセットレザーという昔の雰囲気をを再現していて、エイジングが本当に楽しみな一品です。

角度を変えて

いいな〜

レッドウィング10足目
RW9870 6in "アイリッシュセッター" プレーントゥ ブラッククローンダイクレザー

今年発売の新モデル。
"茶芯"が楽しめるように革の染め方を昔の革を再現したものです。
詳細紹介は以前に書いているので、そちらをみてください。

ハト目の部分を拡大撮影


後ろ姿

まだ一度も履いてないのでわかりませんが、必ずソックスは赤茶に染まるでしょう(笑)

最後にもうワンショット

いや〜、この後どんな姿にエイジングしていくのか楽しみです。

このほかにもレッドウィングは何足か持っているのですが、公開するには耐えられない状況なので、この10足でいったん終了。
それぞれについては、たまに詳細をご紹介したいと思います。
日々のメンテナンスなんかもメンテナンス前後で紹介すると面白いかもですね。

また、今回はレッドウィングだけですが、そのうちにダナーやチペワなども載せてみようかな。

フォトチャンネルも作ってみました。
RED WING(レッドウィング)Boot


以前の記事"レッドウィング9870"
ジャンル:
ファッション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野鳥フォト4(裏の公園で1) | トップ | ブログのデザイン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (?)
2015-11-21 01:04:19
履かないのにただ持ってるだけとか大丈夫ですか?
同じようなブーツばかりで全然お洒落じゃないですね(笑)
Unknown (Unknown)
2016-02-26 22:22:25
↑正解

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL