遊民ヤギ爺

俳句と映画のゆうゆう散歩

蕎麦の花 2

2016-09-18 10:32:00 | 日記
平成28年9月18日(日)

蕎麦の花色

赤い蕎麦の花畑

蕎麦の花の色を問われれば、殆どの人が白色と答え
白色が普通です、、、。
実際には、白色の他に赤い花や薄い緑色の花が在り
蕎麦の種類にも「普通蕎麦」、「韃靼蕎麦」、「宿根
蕎麦」の3種類があります。
この内「宿根蕎麦」は野生種の蕎麦で食用にはならず
葉を食す、野菜そばとして扱われる。

緑色の蕎麦の花


韃靼蕎麦、苦そばと呼ばれ、寒冷地や山岳地帯を中心
に広くアジアに分布しており、中国が主要産地である。
日本では長野県の山岳地に栽培される。



緑の花そば館 : 農事組合法人信濃霧山「韃靼そば」

韃靼、天婦羅そば

韃靼そばの成分は普通蕎麦とほぼ同じだが、ルチンは
普通そばの50~60倍有り、生活習慣病(糖尿病)、
高血圧、高脂血症、動脈硬化、胃腸を丈夫にする等の
効能があり、最近では蕎麦を食べるよりお茶の売上が
多い様です。(韃靼そば茶ブーム)



赤色の花の蕎麦



ヒマラヤの標高山地のブータンやネパールでは、普通
そばでも赤色の花を付けます。

これに目を付けた信州大学名誉教授の氏原暉男氏は、
ネパールから持ち帰った赤色の種子を栽培、品種改良
を繰返し、在る時、標高700mの山地で白い花を
付けた物を標高2100mの高知へ運び栽培した所
次第に蕾が赤くなりやがて真赤な花を咲かせた。

気温に左右され、1日の気温差が大きい程赤い花に
なる。亦晩秋の寒さが募る頃には赤い花が多く現れ
禄に肥料を遣らぬ痩せた土地の物に赤い花が多く
見られる様です。

これを「高嶺ルピー」という品種とした。
※俳諧、蕎麦ばなし(浪川寛治著)より、引用




赤そば

信州伊那高原箕輪町では、この赤蕎麦の山地として
有名です。

味は普通そばに比し、かなりクセが在り、コシが
強く、茹でてすぐ食べないと蕎麦がくっ付いてしまう。
そば饅頭、おやき等がある。
赤蕎麦の花は気温が高ければ白、低いと赤くなる。

今日の1句

山深く花赤々と蕎麦畑     ヤギ爺


『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蕎麦の花 | トップ | リオ・パラリンピック終わる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。