遊民ヤギ爺

俳句と映画のゆうゆう散歩

潮路句会

2017-05-16 10:08:17 | 日記
平成29年5月16日(火)

潮路句会5月定例会

日 時 : 平成29年5月13日(土)13時 ~
場 所 : 大手コミニテイ・センター
兼 題 : 1)草笛、2)毛虫、3)当季雑詠

ゴールデン・ウイーク中の5月3日~5日の間、
「大手コミセン祭り」が催され、大いに賑わった
この会場も、本日(土)は嘘の様な静けさです。

午後、句会場(大手コミセン)には一人また一人と
メンバーが集まって見えます。
本日の句会は2名欠席、11名の参加です。

今月の兼題の「草笛」「毛虫」は、季語としては
馴染みが薄く、小生(ヤギ爺)にとって中々詠み
辛い兼題でした。
にも拘わらず多くの作品が投句されて居り、少々
驚きを感じました。
ヤギ爺の勉強不足ですネー、、、、、。

草 笛


草笛や一目置かる餓鬼大将、

息長く友と草笛競ひ合う

草笛や幼き頃の野辺の径

草笛にないやうであり恋心

毛 虫


殺生を侘びつ毛虫を踏みにけり

子等寄りて矯めつ眇めつ毛虫焼く

さ緑の色に躍りて毛虫出る

姦しや園の小径の毛虫落つ


等々、マダマダ沢山の投句が在りました。


潮路抄


ぎしぎしに鉄路の錆びの風が吹く    玲 子


地を逃げるくの字くの字の毛虫哉    志げお


ため口を咎められずに子供の日     静


田水張る目を凝らしゐる畦の鷺     勝


紫の薫り独りの藤の花         英 子


瞬きもせずに睨みし金魚かな      魚 青


春蘭の岩を恃みに揺れてをり      美保子


名刹の雨に撓みし花馬酔木       輝 子



石畳逸れし道の辺蓬萌ゆ        政 子



草笛の出づる音色はラムネ色      美智子


万緑の壁迫り来る舟下り        ヤギ爺



次回の潮路句会は6月10日(土)13時 ~
兼題 : 1)蛭(ヒル)2)ねじ花 3)当季雑詠
10句提出の事。
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日 | トップ | グレース・ケリーの映画 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。