84才男の明日を生きる挑戦記

84才直後、片手に余る持病の中の除癌は目下経過監視中。
4年後は米寿で五輪。酉年を期に臆せず気張らずの余生で在りたい。

血色の落ち椿

2017年04月21日 | Weblog

      落椿の血色したたる掌
           らっきんのちいろしたたるたなごころ

夏日近い夏日の3日が終り例年並みを取り戻した。予報では雨量は少ないが間違っての慈雨が期待できそうな空模様である。今日はH・Gゴルフの例会日だったが欠席者が多かった。理由は私と同じく異常気象での退位帳崩し。落ちた椿を掌に載せた。咲き時は横か下向きで花色は鮮烈でないのに掌に載せたのは鮮血を思わす色合い。昔人は縁起が悪いと嫌がっていたのを思いだす。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穀雨 | トップ | 濃山吹 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL