84才男の明日を生きる挑戦記

84才直後、片手に余る持病の中の除癌は目下経過監視中。
4年後は米寿で五輪。酉年を期に臆せず気張らずの余生で在りたい。

冬温し

2016年12月24日 | Weblog

      町医者の開くまつ爺ら冬ぬくし
             まちいしゃのあくまつじじら ふゆぬくし

町医者の診察開始時間は9時。その前、番取りの客は1時間前から医院外で並び始め、30分前から入室を許される。並ぶ大方は後期高齢の爺。重ね着の爺らは日向ぼこをしながら待つ。自分の為に並ぶ爺も居るが後から来る婆の為が多い。3連休が明けた24日の今朝は30人程が並んでいた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬至風呂 | トップ | 遅咲きの実万年靑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL