yaeの歌舞伎観劇日記

yaeの見た、歌舞伎の感想ほぼそのまんま。当日記内の文章の無断転載転用を禁止します。

映画 『歌舞伎役者 片岡仁左衛門』上映のお知らせ

2008年02月04日 | お知らせ。
映画『歌舞伎役者 片岡仁左衛門』の上映のお知らせです。

日時:3月8日(土)~3月28日(金)

会場:短編映画館トリウッド
   世田谷区代沢5-32-5シェルボ下北沢2F
   TEL:03-3414-0433

上映作品

『若鮎の巻』(102分)
 自主公演をする上方の若手役者グループに仁左衛門さんが演技指導されたときの記録。

『人と芸の巻(上・中・下)』(上94分)(中101分)(下105分)
 仁左衛門さん84歳から88歳までの舞台、芸談、生活の記録。
  
『孫右衛門の巻』(86分)
 1989年歌舞伎座で「恋飛脚大和往来」が公演されたときの稽古と舞台。

『登仙の巻』(158分)
 88歳から90歳で亡くなるまでの舞台、生活の記録。

料金
1作品:一般1,300円
学生・シニア:1,000円
3作品チケット:一般3,000円(学生2,500円)

上演スケジュールは、下北沢トリウッドのサイトでご確認下さい。
短編映画館トリウッド
http://homepage1.nifty.com/tollywood/

自由工房さんのサイトもご参照下さい。
http://jiyu-kobo.cocolog-nifty.com/emaki/

是非、ご覧下さいませ!!
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月の観劇記録 | トップ | 小町姫と墨染・・・ある福助... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まってましたぁ!! (kirigirisu)
2008-02-04 20:49:15
以前に東中野の映画館で上映されたときは、都合で最初の2巻しか見ることができなかったので、東京での上演のお知らせはとても嬉しいです(^^) 

この上演会の記事を拙ブログで紹介させていただいてもよろしいでしょうか?少しでも多くの方のご紹介できればと存じます。
kirigirisuさん、おはようございます!! (yae)
2008-02-05 07:24:40
コメント、ありがとうございます。

是非是非、kirigirisuさんのブログでご紹介ください。
一人でも多くの方に見て頂きたいです。

kirigirisuさんも是非、全巻制覇を!!
思い出します (うかれ坊主)
2008-02-05 23:10:53
岩波ホールで観たことを思い出します。皆さんそれぞれ弁当持参でした・・・最後に我當丈に手を引かれ、十三代目がご挨拶されたのを昨日のように思い出します。その後、『登仙の巻』を東中野で観たはずです。
うかれ坊主さん、こんばんは。 (yae)
2008-02-06 23:24:26
コメント、ありがとうございます。

うかれ坊主さんも、岩波ホールでの初日、あの空間にいらっしゃいましたか・・!
懐かしいですね。
十三代目さんが何度も何度も感謝の気持ちを述べられて・・。
この映画は仁左衛門さんの勲章。
あるお方のお言葉です。
本当にそう思います。
ありがとうございます! (coco)
2008-02-07 23:00:37
東京で見られる機会があってうれしいです。
前回、まったく行けなかったので今回はひとつでも拝見したいと思います!・・・でも下北沢かーうーん(^^;がんばりマス。

kirigirisuさん同様、記事にしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
「総合案内所」に書き込もうと思ったらコメント欄なくなっていたのですね(^^;で、こちらへ参りましたー(^^)
cocoさん、おはようございます!! (yae)
2008-02-08 07:24:31
コメント、ありがとうございます。

是非是非、一巻でも・・いやいやどうせなら全巻、是非ご覧下さい。

トリウッドさんのサイトの地図でも紹介されていますが、下北沢に行く楽しみのうちの一つはアンゼリカのカレーパンなのです。美味しいんですよ。こちらもお勧めです。

どうぞcocoさんのところでも、記事にして下さいませ。

「総合案内所」もご覧頂いているのですね。ありがとうございます。そうなんです、あちらはスパムコメントが多くてコメント欄は閉じてしまいました。申し訳ないです。
そろそろ・・・・。 (rika)
2008-02-08 07:30:40
yaeさん、こちらにもお邪魔します。

東京、京都、それから北海道も上映がありましたっけ・・・?
そろそろ日本の真ん中(?)、中部地方にも来ていただけないものでしょうか・・・・(T_T)
ぜひとも見てみたいです・・・。
そうですよねえ・・・。 (yae)
2008-02-08 22:38:15
rikaさん、こちらにもコメントありがとうございます。

岩波ホールでの最初の上映の時、名古屋の大向うさんが映画を見るためだけに来て下さったのはとても良く覚えているのですが・・そういえば、中部地方では上映されていなかったかもです・・。

三月はrikaさん東京にはいらっしゃらないのかしら・・と、甘い誘いをしてみる私です。
是非!!
私も! (ミッチ)
2008-02-09 11:19:18
待ってました~♪
ぜひ・ぜひ拝見したいと思っています。
平日(月~木)の昼間しか動けないので・・(涙)
「孫右衛門の巻」と「登仙の巻」は厳しいのですが、何とか 都合が付けられれば・・と思います。
下北沢トリウッドは47席しかないと 伺いましたが、当日で大丈夫でしょうか?
映画館に様子を聞いてからの方が良いかもしれませんね♪
ミッチさん、こんばんは♪ (yae)
2008-02-10 00:06:01
コメント、ありがとうございます。

ぜひ・ぜひ~!!
ミッチさんが「孫右衛門の巻」も「登仙の巻」もご覧になれるよう応援しちゃいます!

トリウッドさんもまだ前売が始まったばかりですから、動向は掴めていないんじゃないかなあ・・と思います。
上映がはじまってから伺った方がいいかもしれませんね。
行けるかな~ (y)
2008-02-10 22:20:12
yaeさんこんばんは
今回は行けるかな~です…遠征組みにはちょっと大変かな~
歌舞伎座から遠いな~
六行会ホールからも遠いな~
yさん、おはようございます! (yae)
2008-02-11 06:06:40
コメント、ありがとうございます。

確かに、歌舞伎座からも六行会ホールからも遠いですが・・是非是非~!!!

でも歌舞伎座に松嶋屋さんが出ている月の上映で、良かった~と思っています。
Unknown (吉田やおきさ)
2008-03-11 15:29:12
17日に参ります。よろしゅうに。
これはこれは・・ (yae)
2008-03-11 19:13:24
吉田やのおきささま、ようおいでくださいました。
ありがとうござりまする。

今月の木挽町も、とても楽しませて頂いております。
17日は下北沢にご出張とやら、こちらもとても楽しみにしております。

ところでマア聞いてくださりませ。
昨日も下北沢のトリウッドにおりましたらな、私の後ろにおきささまによう似た方が座っておりましたので、モシ吉田屋のおきささまと声をかけましたら・・なんと!松嶋屋の秀太郎さんでござりました。私はもうきまりが悪いやらなんやら恥ずかしい思いを致しましたが・・
妹の静香さんがお話につまると大向うのように助け舟を出されて、秀太郎さんの妹御思いにも感動したのでございます。

この映画がより多くの方にご覧頂けますように、そして十三代目さんの大切な歌舞伎が益々栄えますように・・。
秀太郎若旦那(^^♪ (吉田やおきさ)
2008-03-11 20:19:34
秀太郎若旦那がお越しでござりましたか?それは、それは。男前はよし、気立てはよしの若旦那。ほんに好いたらしい
お方でござりますなぁ。
ほんになあ♪ (yae)
2008-03-12 01:23:42
おきささまもようご存知の井筒屋のおえんさんも秀太郎若旦那は大のご贔屓!
男前はよし、気立てはよし、勿論その上芸もよし。

『人と芸の巻』の中では素晴らしい芸を披露されてますによって、是非ご覧くださんせ。
・・ああもうご覧になりましたか?これはまあ失礼を致しました・・。
(^^♪(^^♪(^^♪ (吉田やおきさ)
2008-03-12 11:33:56
秀太郎若旦那が、素晴らしい芸をご披露下さるとやら・・・それは、それは楽しみがまた増えました。
画面と実像!!!イェーイ(^_^)v
秀太郎若旦那 万歳
おきささま、こんばんは! (yae)
2008-03-12 22:10:39
そうなんです。映画のどの巻もご覧頂きたいですが、秀太郎若旦那のファンには是非『人と芸の巻<中>』をお勧めいたします。

おきささまから、イェーイ(^_^)v
『吉田屋』見たら思い出しちゃいそうです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。