彌栄会オフィシャルブログ

【彌栄会オフィシャルブログ】では、彌栄会の行事やお知らせ、役立つ情報などを随時更新します。

法人内研修~癌末期の療養者への疼痛コントロール及び鎮痛剤服用による副作用への対応について~

2018-02-20 07:00:00 | 医療法人彌栄会
平成30年2月7日(水)・2月17日(土)に介護老人保健施設やよい苑において塩野義製薬様主催の研修会を開催しました。


私たちは、癌末期の利用者様や麻薬系鎮痛剤を服用されている利用者様に対し在宅サービスを提供する上で、ご本人のこころのケアやご家族の不安軽減、また様々な合併症による苦痛を少しでも軽減できるよう知識と技術を身に付け看護・介護に努めることが必要です。


今回の研修では、「癌末期等の療養者に対する疼痛コントロール及びオキシコンチン等の麻薬系鎮痛剤服用による副作用への対応について」と題した内容で、看護師・介護士・ケアマネージャー・支援相談員等の様々な職種のスタッフが参加しました。





まず、がんの痛みの世界的な標準治療法である「WHO方式がん疼痛治療法」について教えていただきました。
1986年に発表されたこの方式は「がんの痛み治療」として世界中で実践され、多くのがん患者様を激痛から解放することに貢献し、WHOはがんと診断されたその時から、がんそのものの治療と並行して、必要に応じた痛みの治療を行うよう提唱しています。


先進国の人口あたりの医療用麻薬消費量を比較すると、日本の消費量は著しく低くアメリカのわずか19分の1程度だと教えていただきました。
医療用麻薬について正しく知り、痛みを和らげる治療を前向きに受けていただくことが大切であり、適切に使用すれば安全で効果的であることも分かり、医師や看護師、周りの人に相談し対処することで医療用麻薬と上手に付き合っていけることを学びました。


痛みや副作用による苦痛は、利用者様本人しか感じられません。
私たち医療・福祉従事者は、利用者様の訴えを傾聴し、少しでも苦痛から解放され安心して生活が送れるように、正しい知識を身に付けることが大切だと改めて感じました。
今回のような研修会に多くのスタッフが参加し、共にスキルアップしそれぞれの部署で力が発揮できるよう今後も取り組んでいきたいと思います。


最後になりますが塩野義製薬の仁坂様・前田様、貴重な研修会をご提案いただきありがとうございました。
また、会場準備等に協力いただいたスタッフの皆さんありがとうございました。

医療法人彌栄会HP

投稿者:看護部長・黒田
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栄養だより~H30年2月号~

2018-02-03 07:00:00 | 医療法人彌栄会
この時期になると、毎年のようにインフルエンザやノロウイルスが猛威を振るっています。
家の中に持ち込まないようにいつも以上に手洗い・うがいをしっかりと行いましょう!


【2月3日は節分】

どうして節分に豆まきをするの?


どうして大豆を使ったのかというと、小さな粒ながらも栄養面で優れている蛋白源で、「畑の肉」とも言われ、昔から大切な食べ物で、大豆はどんな畑でも芽を出し、たくさんの芽をつけたので人々に幸いをもたらす縁起の良い穀物とされていたそうです。


鬼を追い払うのに大豆が一番力があると考えられ、大豆で豆まきをするようになったそうです。


2018年の恵方は【南南東】


マメ知識1:鰯について


鰯は血液の流れをスムーズにする成分を含んでいます。


動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中等の予防にもなります。


マメ知識2:大豆について


大豆は食物繊維を多く含んでいます。


便秘解消効果も期待でき、コレステロールを下げて、動脈硬化などの予防にもなります。


マメ知識3:「落花生」の名前の由来


7月頃、蝶のような形のかわいい黄色い花を咲かせ、花がしぼむとその根元から子房柄と呼ばれる茎のようなものが伸びて、地面にもぐり、先端に豆を作ります。


花が土に落ちて、身が生まれることから「落花生」と名付けられたそうです。


マメ知識4:恵方について


恵方とは、その年の一番良いとされる方角です。


歳徳神という金運や幸せを司る神様がいる場所を指しているそうです。

介護老人保健施設やよい苑HP

投稿者:やよい苑 管理栄養士・井内
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シニアエクササイズ事業修了

2018-01-26 07:00:00 | 医療法人彌栄会
平成29年11月2日から平成30年1月25日までの毎週木曜日に岩出市より委託を受けていた【岩出市シニアエクササイズ事業】が無事に終了しました。


今回で第31期目を迎えた本事業は歴史も長く、これまでも委託を受けて参りました。


このシニアエクササイズ事業は、第1号被保険者の方に対して、運動器等の機能向上事業を実施することにより、自立した自分らしい生活の維持・実現及び要介護状態になることを予防することを目的に実施されています。


週1回の運動ではありましたが、自宅に帰ってからも運動に取り組めるように、各トレーニングメニューを宿題として自主運動にも取り組んでいただきました。


参加者の皆さまの努力の効果として体力年齢が20歳代にまで向上された方や、実年齢と体力年齢の差が30歳以上の方もおられたりと、非常に高い効果を出せたことにとても満足されているご様子でした。


最終日には、岩出市包括支援センターの古谷係長より参加者の皆さまへの挨拶と修了証の授与が行われ、シニアエクササイズ事業は無事に終了となりました。


シニアエクササイズ事業を終了となった皆さまは今後、自主グループの活動に参加される方や自主的に運動に取り組まれる方など、それぞれの道を歩んで行かれます。


3ヶ月という短い期間ではありましたが、これからもお元気に過ごせるよう願っております。
3ヶ月間ありがとうございました。

医療法人彌栄会HP

投稿者:シニアエクササイズ事業・参加者一同
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリニック便り~院内風景~

2018-01-18 07:00:00 | 医療法人彌栄会
アロマオイルの薫りが変わりました。


・オレンジスイート

・イランイラン

・ベイ

・ベンゾイン

・ローズマリーシネオール


以上が、今回の薫りとなっております。


暖かさを感じたい季節に、オレンジ・ベンゾイン・イランイランの甘い薫りが院内を優しく包んでくれて、寒さで緊張している身体をホッと緩ませてくれるような感じです。


アロマオイルの中には、風邪やインフルエンザなどの感染予防効果がある薫りもあり、今の季節にピッタリな落ち着く薫りとなっております。


最後になりましたが、素敵な薫りをブレンドしてくださる、ラ・ベルビーさんに感謝申し上げます。

やよいメディカルクリニックHP

投稿者:クリニック広報
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

H30年 那賀消防組合出初式

2018-01-15 07:00:00 | 医療法人彌栄会
平成30年1月8日(月)13時半より、毎年恒例となっております、那賀消防組合消防出初式が開催されました。
今年は雨天の為、岩出市大宮緑地総合運動公園での出初式は中止となり、岩出市総合保健福祉センターにて、式典のみ行われる運びとなり、消防関係者約415名が参加されました。


式典では、那賀消防組合消防本部・西岡次長開会宣言にて始まり、消防関係殉職者に対しての黙祷、那賀消防組合管理者・中芝岩出市長式辞、那賀消防組合・南出消防長の年頭の誓い、和歌山県知事代理、県議会代表、岩出警察署長、市議会代表、岩出市消防団長からのご挨拶があり、それぞれ、防災や取り組みについてのお話がありました。締め括りに、那賀消防組合副管理者・中村紀の川市長がご挨拶され、閉会となりました。



昨年は台風21号により、紀の川市において、尊い命が犠牲となっています。
異常気象による未曾有の災害が、岩出市周辺の地域においても頻回に発生し、また近年、常に懸念されている南海トラフ大地震も、甚大な被害が発生する可能性があり、脅威の存在となっています。


ここで、お住まいの地域が災害発生の恐れがある場合に、市区町村長が発令する、避難準備情報、避難勧告、避難指示の違いについて、少し説明させて頂きたいと思います。


【避難準備情報】避難勧告や避難指示を行うことが予想される場合に、それに先立ち発令されます。被害が予想され、地域の住民、特に高齢者等、避難に時間がかかる人に早めに避難を呼びかけるものです。

【避難勧告】災害による被害が予想され、生命・身体の保護を目的に、安全な場所へ、避難を勧めるためのものでありますが、避難を強制するのもではありません。

【避難指示】状況が更に悪化し、災害によって人的被害が出る危険性が非常に高い、もしくは、人的被害が発生した場合に発令され、避難指示がでた場合は直ちに避難しなければいけません。


ご存知の方の多いと思いますが、避難勧告よりも、避難指示の方が、より危険な状況で、一番強力な発令となっており、直ちに避難する必要がありますので、お間違えないようにお気をつけ下さい。


災害対策委員会におきましては、火災や災害に対する訓練や取り組みを通じ、自身の命や家族の命、自分達の職場を自分達の力で守る自主防災の意識を念頭に、これからも努めて参りたいと思います。
今後とも委員会活動へのご協力をよろしくお願い致します。


最後になりましたが、足元の悪い中、ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。


医療法人彌栄会HP

投稿者:災害対策委員・田中
コメント
この記事をはてなブックマークに追加