元・自転車屋のバイシクルライフ

自転車稼業から解放されて、自転車を味わうことにする

二十?年振りに出番が来るとは

2016-10-28 | 与太話

27年程前に購入した

KLEIN」用

BB(ボトム・ブラケット)ツールです。

*TREKに買収される以前

「ゲーリー・クライン」謹製時代*

日本初登場の年

マイBIKEとして購入の

「ラスカル」と同時に導入

これが無いと

「圧入&接着」方式の

BBの交換が出来なかった為です。

*今、思うと

現在のSHIMANOプレスフィット方式の

礎となっているのかも?*

今回

このツールの

「活躍」の切っ掛けは

日本で

凄い

盛り上がりを

見せ始めていた

(日本は、何時もこんな感じデスね・・笑)

1990年前後の

「ゲーリー・フィッシャー」

*後に、これまた

TREKが買収*

「スーパー・カリバー」

*初代SHIMANO DeoreXTに

アルミフレーム(台湾製ですが

EASTONチュービング)

当時は

アルミフレーム=高級車です。*

の修理の御相談に

お客様が来店。

御近所の

某チェーン店で

「このBBは、もう造られてませんから

修理は不可能です」と

言われたとのこと

「??・・もし、宜しければ

一度拝見させて頂きます」と私。

拝見すると

「ゲゲ、工具の挿入口が無い?」

しかも

「BB幅が、80mmも有る??」

当時

スレッド(ネジ切)タイプのBBで

「フィッシャー・サイズ」と言われたのは

73mm幅です。

*これは

SHIMANO製で現存*

当時を知ってる

可能性の高い

元・某老舗ショップ・スタッフの

情報通に教えを乞い

「KLEIN」以外にも

「MERLIN」等

同じ方式のモノが在った旨の

情報を入手。

この時代の

「フィッシャー」については

当時のインポーターも

無い事から

構造が把握出来ないので

イチかバチか

「KLEIN」流に

分解にトライ

オ~っと

取り外しに成功!

やはり

「圧入&接着」方式でした

左:フィッシャー用

右:KLEIN用

KLEIN用は

専用のスペシャル品

フィッシャー用は

汎用品を、機械加工し

リングでベアリングの

位置決めをする

構造です。

 各部の寸法を測定

フレームのBB部の内径

ベアリングのサイズも

全く同寸

どちらがコピーなんでしょ?

「シールド・カートリッジ・ラジアル・ボールベアリング」は

「JIS規格」の汎用品にて

行き付けの工具屋さんで入手

嵌め合い用ロックタイトを塗布し

「KLEIN」ツールで

祝:作業完了

今回は

「このBBは、もう製造されていません」ではなく

「工具が製造されていません」が

正解かも知れません。

*当方も

過去に

「KLEIN」を

やって無かったら

答えは同じでした*

どの道

「古過ぎ」ですかネ?

(古き、良き時代とも言えますが)

40オーバーの

元MTB通(オタクレベル)にしか

通用しない

メカニズムです

久し振りに

TOOL用・紙BOXに入っていた

取説を

よ~く見ると

各工具のネーミングが

「MARTHA」

「MARY」

「SUSAN」

「SARHA」

これって

女性の固有名詞ですよね?。

「A、B、C」なんて言うのに

比べたら

思いっ切り

アメリカン。

「ゲーリー・クライン」氏の

歴代の

元カノだったりして(笑)

いや~

当時

全く

気付いてませんでした。

兎にも角にも

「工具」捨ててなくて

良かったワ

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポタリング日記 2016年... | トップ | ポタリング日記 2016年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

与太話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。