元・自転車屋のバイシクルライフ

自転車稼業から解放されて、自転車を味わうことにする

2017 TREK 1.2   

2017-04-29 | 自転車紹介

2017モデル

TREK社の

入門(汎用)用ロード

「1」シリーズの

リニューアルされた

「SHIMANO SORA」

2X9=18Speeds

メイン・コンポ搭載の

モデルです。

「入門モデル」と言えど

アルミロード

創成期の

プロ用バイクより

肉薄な

チュービング(パイプ)です

ハイドロフォーミング(整形技術)

恐るべしデス

フレーム:100シリーズ・アルファ・アルミ

フロント・フォーク:カーボンファイバー

メイン・コンポ:SHIMANO SORA

タイヤ・サイズ:700X25C(25mm幅)

車重:9.5kg(実測・52cmサイズ)

(165~173cmの方用)

メーカー希望小売価格:118000円(税込)

 

他に「マット・ブラック」の

ラインナップがあります。

先ずは

恒例の

分解作業から

ホィールの

チューニングは 

先ず

初期馴染みを

出した後

出来る限り

手組の精度まで

「縦→センター→横」の順に

作業を行います。

最近は

低価格帯も

極力、ケチらず

「SHIMANO」の

純正を

インストールする

傾向に御座います。

これは

他の、大手メーカーも

同じ方向かと?

*ネットに書かれるんでしょうネ(笑)*

2017は

SHIMANO純正の

「2ピースタイプ」です。

ただ

このシステムは

フレームの

BB(ボトム・ブラケット)部の

「精度」が

BBパーツの

スムースな回転の為には

「かなり重要」な

ポイントとなります

*OEM先が「ショボい」場合

「どうやって組んだの?」と言う位

ヒドイ物が

「駆け込み寺」的に

持ち込まれた

事が御座います

「クランクが抜けない」や

「回転が異常に重い」等*

クランクを外すと

こうなります。

 

右のクランクアームに

シャフトが

圧入された

タイプです。

通常

15万円位を

「勝手に作業」ラインと

していますが

このBBシステムに関しましては

価格に関係無く

作業を行っています。

*買われた方は

御存知無い?(評価の対象外・・笑)*

ただ

最近の

15万円以上の

アルミ&カーボン完成車では

圧入タイプ(プレスフィット)が

多い為

ツールの出番が

無くなりつつ御座います。

*結構な「お値段」のツールなんです*

ここで

当方がお世話になっている

ビルダーさん曰く

「古き・良き時代の

イタリアの職人スピリット」を

感じる事の出来る

カンパニューロ・ツールの

出番です

*製造中止*

先ずは

タップで

BBに刻まれた

左右の ネジの

一軸化(矯正)。

*イングリッシュ(同JIS)は

右側は、逆ネジ

左側は、正ネジとなります。

*理由は

漕ぐ動作で

締まる方向に力が

掛かる様に

考えられています。

ちなみに

「イタリアン」と呼ばれる

イタリアの規格は

左右共

正ネジです*

*「メンドクサガリ屋」の

イタリア人は

左右のネジの方向を

変え無かったらしい?です。

従いまして

右側は

緩み易くなります*

その後

「ガイド」を挿入

左右の当り面が

軸に対し

鉛直方向に成る様

左右の

面出し(フェーシング)を行います。

*折角

ネジ軸が

左右で一本化されても

BBパーツの

当り面が

左右、平行でないと

同じく

傾きが

出て仕舞います*

少し

削って確認。

ブルーの

マジックペンの

残っている所は

傾きの在る部分となります。

TREKの

OEM先(多分GIANT)なので

かなり

出来栄えは

良い方と思います。

再度

作業を続行。

当り面の

全周に

刃物痕が

確認出来れば

作業完了。

*左右、双方に

施工します*

*削り込むのが

目的では御座いませんので

平坦が確認出来れば完了です*

*「この作業」の有無について

御購入のお店に

尋ねてみて下さい。

「イヤ~な顔」されますヨ(笑)*

*この手のツールは

お持ちで無い

お店も多いと思います*

組み付けには

スレッドに

スペシャル・グリスを塗布

今回の様に

アルミ対アルミの

勘合には

音鳴り対策として

不可欠なグリスです。

BBパーツの

取り付けは

「SHIMANO」の

アッパー値で。

ネジのサイズの割りに

指定トルクの高い

左クランクの

締め付けは

「SHIMANO」の

センター値に

しています。

*オッカナイから(笑)*

リニアな

フィーリングを

得る為

ブレーキの

アウターケーシングを

SHIMANO製に。

以下

特長等

上位機種から

「SHIMANO」が

順次

モデル・チェンジを

行って来た

シフトケーブルの

ルーテイング変更が

されています。

*前モデルは

STIレバーから

横にケーブルが

飛び出すタイプ。

*バーに添わせるタイプですが

見た目は

バーの前方がスッキリと

しましたが

良い結果ばかりでは

御座いません。

シッカリと

ディメリットも

御座いまして(笑)*

SORAの場合

リヤ・ディレーラー側は

レバー比の変更は無く

以前のモデルに

シンクロします。

フロントは

シフト時の

「操作の重さ」の

軽減の為

前モデルとの

互換性が

無くなりました。

最後に

「1」シリーズの

お勧めポイントを

①お泊りツーリングや

通勤&通学に便利な

ラック(荷台)が取り付け可能な

上下「ダボ」を装備。

*上記写真の「黄色矢印」参照*

 

②ブレーキ・キャリパーが

ラージ・サイズにて

28C(28mm幅)の

タイヤを

無理無く装着可

「安心ライド」が可能です。

チェーンステーの肉厚も

「軽い締め付け」で

取り付け可能な

モノであれば

キック・スタンドも

取り付け可能と思います。

生活密着型「ロード・バイク」として

活躍してくれる

ことと思います。

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PowerDrink「Ch... | トップ | ポタリング日記 2017年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自転車紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。