YADA CYCLE

自転車の詳細情報&日記 etc・・・

こんな事もあるんですよネ

2017-03-31 | 作業日誌

当方は

スポーツバイクに関しては

通常

ここまでは

一度

バラしてから

アッセンブルの

やり直しを

行います。

ホィールは

慣らし(スポークをしごく)を

行った後

手組のレベルまで

縦→横→センター

この

繰り返しで

追い込んで

行きます。

ちなみに

コチラのバイクは

クロス・バイク

TREK FX-2

メーカー希望小売価格

59000円(税込)です。

*安いか・高いかは

お客様の

自転車感で

異なりますが。

TREK社の

クロス・バイクとしては

下位グレード

TREKのコンセプトストアー」さんの

ショップのインフォメーションでは

「黙殺」されている様な

存在のバイクかも?

知れません。

(HPで拝見したことが無い)

今回は

違う意味で

「タイヤを外して

良かったなナ~」と

言える

不具合を発見。

「China」ファクトリーでの

OEMアイテムとはいえ

細部の構成部品に対する

品質への要求の高い

「TREK社」ですが

製造工程では

タイヤの装置時には

こういう事は

どうしても

起こりうることですネ。

サイズの合った

しかも

強度の在る

シッカリとした

リムテープです。

反り返ったテープが

チューブを傷付ける以外に

矢印の

直ぐ近くにまで迫った

スポーク・ホールが

問題なんです。

更に

ズレると

エアーの充填後

チューブの

小爆発(パンク)を

起こして仕舞います。

今回は

癖の付いた

リムテープを

定位置に戻し

幅広の

粘着性リムテープで

対処しました。

こんな処

誰も

観てくれないんですよネ(笑)

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待ちに待った「コイツ」をインストール

2016-12-22 | 作業日誌

コイツ」とは

「SunRingle」

「Mule FUT80SL」を

チューブレス・レディー化

する為の

超・幅広シールテープです。

(SunRingle

STR Tubeless Tape

78mm幅・10m 

3240円・税込)

左は

「Stun’s社」製

ユニバーサルバルブ。

(1944円・2本セット・税込)

「パンクしたら、非常に

困ったチャン」化が

容易に

想像がつく

バイクですから

いっそ

「パンクしない」確率

UP狙いデス。

*元々

リム&タイヤは

双方

チューブレス・レディー対応です*

エアーを抜いても

そう簡単には

ビードが

落ちません。

流石

0.5bar以下で

機能する

勘合システムです。

昨年

アッセンブル前に

タイヤを

外すにあたり

ビード落としに

1本

30分を

要した

部分ですが

今回は

ユーズドにて

モノの

5分足らずで

ビードを

落とす事に

成功

*雪上でやれる

自信は

御座いません*

後は

タイヤ・レバーを使い

チューブを

引きずり

出します 。

 折角なので

装着されていた

インナー・チューブの

重量測定

ジャ・ジャ・ジャ~ン

なんと

実測470gなり~

超軽量

MTBタイヤの

それに

迫る

ヘビー級でした。

穴開きリムにて

元々

リムテープが

装着されています。

何を

思ったか

外して

仕舞いました。

 黒いリムテープの

上から

貼るのを

うっかり

忘れて

おりました。

 ハンダで

バルブ・ホールを開けて

バルブを

挿入。

コンプレッサーで

エアーを充填

Max 5barの

非力な

コンプレッサーで

散々

トライも

全く

反応(ビードが掛からず)なし

諦め掛けた時

やっと

掛かりました

「ホッ!」

バルブ・コアを外し

シーラントを

注入

29erで

5~60cc

入れていたので

適当に

100ccを

投入

さて

明日

プレッシャーダウンが

無ければ

成功?

今冬こそ

雪の「青山高原」に

トライしてみよう。

アレッ

これ

セガレの

私物でしたネ。

気前の

良い

セガレだから

キット

「エエよ~」と

言うことでしょう(?)

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭から、煙が~!

2015-12-24 | 作業日誌

例えると、空冷2サイクルエンジンなんです

そう、私の「CPU」

平たく言うと「オツム」

最近、新しいモノ、発想の違うモノに

生理的に、拒絶反応を示します(前からかも?)

トライアスロン歴20ウン年のベテランの方の御希望で

今風のバイクの適合を検証中

長年乗られているバイクが御座いますので

先ず、乗って頂けるサイズが有るかの

検証から始まります。

困った事に

日本支社の「TREK JAPAN」さんにも

所有されている方が殆どおられません。

ハンドル周りも

STDのロードの様には行かず

まあ、ややこしいったらアリャしない

難解故に、この様な

資料が存在するのだと思いますが。

データーを一通り取り終わったら

有識者様に打診することに致します。

失敗すると、大変な事になる

「キ・ン・ガ・ク」ですから(怖)

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しいけど・頭が痛い事

2015-12-18 | 作業日誌

このクソ不景気な、しかも、寒い時期に

高価なバイクを御注文頂きました

本当に嬉しいかぎりです。

初顔のバイクでは、ないので

アッセンブルで「頭が爆発」なんてことはないのですが

問題は、そのサイズ

股下90cm

日本人離れした、脚長のお客様

ヘッドのボリュームが半端ない

ピラーは、ビュ~と飛び出し

外人の「プロズ・バイク」みたく、カッケ~。

そこで「頭が痛い事」

そう

股下77.5cmの私が

お客様に先駆けて、試運転をしなくてはなりません

コケるとエライ事になるので

明るい昼間に

「三角乗り」してみます(笑)

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウチ的「気合の入ったBIKE」登場

2015-12-10 | 作業日誌

実は、昨年のTREKの展示会で

「ムラ・ムラ」ときて

結局、理性が勝利し

思い留まったシリーズ

「REMEDY」です。

このバイクはREMEDY8

残念ながら、私のバイクではなく

お客様に御注文頂いたモノなんです。

まるで、マイバイクのごとく

ワクワクしながら、組ませて頂きました。

約6年前、26インチの時代

EX8で足繁く、旧「何時ものトレール」に

通っていた頃

TREK JAPANさんから

当時の、TOPモデル

REMEDY9.9をお借りし

早速、トレール・イン

速過ぎて、目が追い付かず

小木に真正面から激突

前転したのを思い出しちゃいました。

登りも先ず先ず

下りは、ヤバかった

*「TREKさんごめんなさい」

でも、もう、時効ですネ。

イヤ~欲しいナ~

そう、宝くじ・宝くじ!

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加