YADA CYCLE

自転車の詳細情報&日記 etc・・・

2017 TREK 1.2   

2017-04-29 | 自転車紹介

2017モデル

TREK社の

入門(汎用)用ロード

「1」シリーズの

リニューアルされた

「SHIMANO SORA」

2X9=18Speeds

メイン・コンポ搭載の

モデルです。

「入門モデル」と言えど

アルミロード

創成期の

プロ用バイクより

肉薄な

チュービング(パイプ)です

ハイドロフォーミング(整形技術)

恐るべしデス

フレーム:100シリーズ・アルファ・アルミ

フロント・フォーク:カーボンファイバー

メイン・コンポ:SHIMANO SORA

タイヤ・サイズ:700X25C(25mm幅)

車重:9.5kg(実測・52cmサイズ)

(165~173cmの方用)

メーカー希望小売価格:118000円(税込)

 

他に「マット・ブラック」の

ラインナップがあります。

先ずは

恒例の

分解作業から

ホィールの

チューニングは 

先ず

初期馴染みを

出した後

出来る限り

手組の精度まで

「縦→センター→横」の順に

作業を行います。

最近は

低価格帯も

極力、ケチらず

「SHIMANO」の

純正を

インストールする

傾向に御座います。

これは

他の、大手メーカーも

同じ方向かと?

*ネットに書かれるんでしょうネ(笑)*

2017は

SHIMANO純正の

「2ピースタイプ」です。

ただ

このシステムは

フレームの

BB(ボトム・ブラケット)部の

「精度」が

BBパーツの

スムースな回転の為には

「かなり重要」な

ポイントとなります

*OEM先が「ショボい」場合

「どうやって組んだの?」と言う位

ヒドイ物が

「駆け込み寺」的に

持ち込まれた

事が御座います

「クランクが抜けない」や

「回転が異常に重い」等*

クランクを外すと

こうなります。

 

右のクランクアームに

シャフトが

圧入された

タイプです。

通常

15万円位を

「勝手に作業」ラインと

していますが

このBBシステムに関しましては

価格に関係無く

作業を行っています。

*買われた方は

御存知無い?(評価の対象外・・笑)*

ただ

最近の

15万円以上の

アルミ&カーボン完成車では

圧入タイプ(プレスフィット)が

多い為

ツールの出番が

無くなりつつ御座います。

*結構な「お値段」のツールなんです*

ここで

当方がお世話になっている

ビルダーさん曰く

「古き・良き時代の

イタリアの職人スピリット」を

感じる事の出来る

カンパニューロ・ツールの

出番です

*製造中止*

先ずは

タップで

BBに刻まれた

左右の ネジの

一軸化(矯正)。

*イングリッシュ(同JIS)は

右側は、逆ネジ

左側は、正ネジとなります。

*理由は

漕ぐ動作で

締まる方向に力が

掛かる様に

考えられています。

ちなみに

「イタリアン」と呼ばれる

イタリアの規格は

左右共

正ネジです*

*「メンドクサガリ屋」の

イタリア人は

左右のネジの方向を

変え無かったらしい?です。

従いまして

右側は

緩み易くなります*

その後

「ガイド」を挿入

左右の当り面が

軸に対し

鉛直方向に成る様

左右の

面出し(フェーシング)を行います。

*折角

ネジ軸が

左右で一本化されても

BBパーツの

当り面が

左右、平行でないと

同じく

傾きが

出て仕舞います*

少し

削って確認。

ブルーの

マジックペンの

残っている所は

傾きの在る部分となります。

TREKの

OEM先(多分GIANT)なので

かなり

出来栄えは

良い方と思います。

再度

作業を続行。

当り面の

全周に

刃物痕が

確認出来れば

作業完了。

*左右、双方に

施工します*

*削り込むのが

目的では御座いませんので

平坦が確認出来れば完了です*

*「この作業」の有無について

御購入のお店に

尋ねてみて下さい。

「イヤ~な顔」されますヨ(笑)*

*この手のツールは

お持ちで無い

お店も多いと思います*

組み付けには

スレッドに

スペシャル・グリスを塗布

今回の様に

アルミ対アルミの

勘合には

音鳴り対策として

不可欠なグリスです。

BBパーツの

取り付けは

「SHIMANO」の

アッパー値で。

ネジのサイズの割りに

指定トルクの高い

左クランクの

締め付けは

「SHIMANO」の

センター値に

しています。

*オッカナイから(笑)*

リニアな

フィーリングを

得る為

ブレーキの

アウターケーシングを

SHIMANO製に。

以下

特長等

上位機種から

「SHIMANO」が

順次

モデル・チェンジを

行って来た

シフトケーブルの

ルーテイング変更が

されています。

*前モデルは

STIレバーから

横にケーブルが

飛び出すタイプ。

*バーに添わせるタイプですが

見た目は

バーの前方がスッキリと

しましたが

良い結果ばかりでは

御座いません。

シッカリと

ディメリットも

御座いまして(笑)*

SORAの場合

リヤ・ディレーラー側は

レバー比の変更は無く

以前のモデルに

シンクロします。

フロントは

シフト時の

「操作の重さ」の

軽減の為

前モデルとの

互換性が

無くなりました。

最後に

「1」シリーズの

お勧めポイントを

①お泊りツーリングや

通勤&通学に便利な

ラック(荷台)が取り付け可能な

上下「ダボ」を装備。

*上記写真の「黄色矢印」参照*

 

②ブレーキ・キャリパーが

ラージ・サイズにて

28C(28mm幅)の

タイヤを

無理無く装着可

「安心ライド」が可能です。

チェーンステーの肉厚も

「軽い締め付け」で

取り付け可能な

モノであれば

キック・スタンドも

取り付け可能と思います。

生活密着型「ロード・バイク」として

活躍してくれる

ことと思います。

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 TREK FX-2 Matte Black

2017-02-09 | 自転車紹介

2017年モデル

TREK FX-2

フレーム:アルファ・シルバー アルミニューム

フロント・フォーク:高張力鋼管

SHIMANO Acera リヤディレラー

3X8=24Ppeeds

タイヤサイズ:700X35C(35mm幅)

重量:12.0kg(実測値~17.5インチ)

(適正身長 165前後~170cm前半の方用)

メーカー希望小売価格

59000円(税込)

2016モデルの

同等機種

7.2FXからの

変更点等や

アッセンブルの

詳細は

コチラ

御覧下さいませ。

このバイクも

ここまでバラして

アッセンブルの

やり直しを

行っておりますので

御安心を!

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 TREK MARLIN 7 Matte Black

2016-11-11 | 自転車紹介

TREK社

入門用MTBの

「MARLIN」シリーズです。

ロードバイク一色

の日本ですが

*市場は満腹の兆し*

しかし

MTBの愛好者は

流行に

関係無く

おられ

お山を楽しんじゃってます

(お山で・コッソリ)

一応

私も

その一人

だったり?

そんな連中は

ある程度

熟成しております故

「それなりのバイク」で

「それなりの処」を。

 

「ロードに飽きた」

「もっと刺激を」と

言う貴方

こんなバイクから

御試し頂き

物足り無さを感じたら

更なる

深みへと

言うのは

如何でしょう?

アタシ的

「トレール・ライド・バイクの要件」

*ダンパー装備のフロント・サス

*油圧ディスク・ブレーキ

このシリーズで

クリアーしちゃいました。

 

*フレーム:アルファ・シルバーアルミニューム

*フロントサスペンション:ROCK SHOX XC30

ロックアウト&イニシャル・アジャスト付

*SHIMANO ACERAリヤ・ディレイラー

3X9=27Speeds

*ブレーキ:TEKTRO油圧ディスクブレーキ

*ホィールサイズ:29インチ

車重:14.4kg(17.5インチ・サイズ)

*適正身長

メーカーデーター:165~175cm

当方推奨

160後半~180cm

*180cmの方の場合

短足気味の方・取り回し重視の方*

*メーカー希望小売価格

77000円(税込)

*他に、マット・シルバーも

御選択頂けます

取り合えず

一度バラバラにしてから

アッセンブルの

やり直しを

行っています

アッセンブルの説明に付きましては

コチラ

御参照

願います

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 TREK FX-2 (ウォータールー・ブルー) 20インチ

2016-11-08 | 自転車紹介

2017年モデル

TREK

ロード系クロスバイク

FX-2

当店

初登場のカラーです。

フレーム:アルファ・シルバーアルミニューム

フロント・フォーク:高張力鋼管

SHIMANO Acera リヤディレーラー

3X8=24Speeds

タイヤサイズ:700X35C(35mm幅)

重量:12.1kg(実測値~20インチ)

20インチサイズは

適正身長 170cm前半~180cm前半の方用です

メーカー希望小売価格

59000円(税込)

2016年モデルの

7.2FXからの

変更点&詳細に付きましては

コチラ

御覧下さい

 

コチラのバイクも

一度分解し

アッセンブルの

やり直しを

行っております

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 CROSSRIP LTD 52cm

2016-10-07 | 自転車紹介

通勤から

チョイ旅にと

大活躍してくれる

私共

 親子に

コヨナク愛されている

 バイクです。

2017での

日本支社の

取り扱いが

無くなり

*US本国では

フルモデルチェンジで

三機種もラインナップ

しかも

当店の3台の

サイズ違いの

エリート」も

ついに完売。

そこで

見つけました

上位機種

「LTD」の52cmサイズ

メーカー処分在庫品を

*TREK日本支社完売で

本当の、最後の一台となりました(悲)

*52cm以外は完売です

価格は

メーカー希望価格

190000円(税込)が

2?% OFF

販売価格は、店頭で!

*「CROSSRIP ELITE」の

メーカー希望小売価格

140000円(税込)を

「少し下回る価格」となります。

 

フレーム:アルファ100・アルミニューム

フロント・フォーク:カーボンファイバー

メイン・コンポーネント:SHIMANO 105

(5700)

2X10=20 Speeds

チェーン・ホィール:SHIMANO Tiagra

ブレーキ:TRP油圧ディスク(ワイヤー引き)

タイヤ・サイズ:700x32C

(超・耐パンクタイヤ仕様)

重量:10.8kg(実測)

カラー:BLACK(艶有)

サイズ52cmは

165~175cmの方用です

*水平換算・トップチューブ長548mmで

STDロード・レーサーで

換算すると

175cm前後の方用となりますが

標準装備ステムを

70mmにすることで

170cm前後の方用と

なっています

この機種は

用途上(走行安定性追及の為)

ホィール・ベース(前後車軸間距離)を

伸ばす必要がある為です。

 

175cm位の方であれば

ステム長を、伸ばして頂ければ

(例えば、90~100mm程度に)

ベテランレベルの方でも

適正な

ポジションに

することが可能です。

165cm位の方であれば

さらに短いステムに

(例えば50~60mm)

して頂ければ

「走行安定性をそのままに」

十分

快適に

乗って頂けます。

では

アッセンブル作業について

先ずは

分解作業から

ホィールの慣らし(初期歪出し)と

縦ぶれ・センター出し・横ぶれを取り

手組の状態に近付けます。

また

ディスク板の振れを修正します。

*「ELITE」と違い

カートリッジ・ベアリング式の

滑らかな回転の

「前後ハブ」を装備しています。

クソ高い(笑)

カンパニューロ・ツールで

BB(ボトム・ブラケット)スレッドの修正

同ツールで

フェーシング(面出し)作業

御覧の様に

TREK社のOEM先でも

この程度の

傾きが御座います。

削るのが

目的では御座いませんので

刃物痕が、確認出来れば

OKです。

これで

抵抗の少ない

スムースな動きに、近付きます。

BBスレッドに

音鳴り防止用

スペシャルグリスを塗布

BBの締め付けは

SHIMANOのアッパー値で

ツール挿入部が浅く

しかも

締め付けトルク値の高い

この部分は

専用の

「疲れていない」

ビットを準備しています。

ここも

SHIMANOのアッパー値で

前後ディスク台座の

精度の確認を行います。

MAGURA社(ドイツ製)の

ツールを使用。

 

より

スムースなフィーリングを目指し

ブレーキ・アウター・ケーブルを

SHIMANO製SLRに 。

リヤのインナーケーブルは

水侵入による錆付き防止狙いで

SHIMANO社製

ステンレスに交換します。

 

 「ELITE」で

ゾッコンだった

サブ・レバーを装備していました(喜)。

「ISOZONE 」クッション・ラバー装備

上面扁平加工の

「RLハンドルバー」と

絶妙のマッチングです。

「TRP」油圧ブレーキは

ブレーキ・キャリパーまで

ワイヤーで入力

キャリパー本体は

油圧でパッドを両面から

押す構造です。

ホィールの脱着時の

誤操作を防止するため

ロック・ノブを装備

(矢印・上)

(油圧式は、車輪装備時以外の時

誤って、レバーを握ると

次に

車輪が入らなくなります)

SHIMANO社製パッドとの

互換性があるので

交換時も安心です。

*ネット情報レベルですが

SHIMANO製に替えると

更に良くなるとか(?)

TREK社の分類上

コミューター(通勤用)の為

専用サイドスタンド用

マウントも装備しています。

(矢印・下)

 あまりにも

「タイトな取り回し」にて

ルーテイングを

チョッピリ

変更してみました

「モロ」に

水の浸入を誘うような

ケーブルの向きを懸念し

思わず

SHIMANO製

V-ブレーキ用ブーツと

インシュロックで

小細工等を(笑)

 

 

YADA CYCLE

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加