gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ヒーロー伝説

2017-06-02 06:48:37 | 日記
私達の幼年時代は、講談社の絵本と共にあった。「うさぎと亀」に始まって、三太郎(浦島太郎、金太郎、桃太郎)に続き、偉人伝となる。野口英世、二宮金次郎、リンカーンといった偉人だが、これらは面白みに欠ける。立派な人であってもヒーローではない。男児のヒーローは武士か軍人である。そういう時代だった。

我が家はなぜか楠木正成の本が何冊もあった。講談社の絵本だけでなく、おとなの読む本もあった。もしかすると祖父か叔父がファンだったのかもしれない。神戸の湊川神社のお札やお守りもあった。その頃の絵本では楠木正成とその子の正行(まさつら)はスターだった。足利尊氏は天皇に背く国賊だった。絵本では、千早城の戦いや桜井の駅の別れが、印象に残っている。桜井は京都の少し大阪寄りにある場所で、唱歌『青葉繁れる』で有名である。
正行の如意輪堂の決心(遺書を扉に描く)が絵本のラストだったような気がする。

家人が関西旅行ツアーに参加して、その中に如意輪堂が組み込まれていた。もう10年も前の話である。私はもちろん正行の辞世の歌のことを話した。「かへらじと かねておもへば あづさ弓 なきかずに入る 名をぞとどむる」である。それが扉に鎌の先を使って彫り込まれていると教えた。

旅から帰った家人に正行の歌のことを訊くと、「あったわよ」と答えたが、さほど興味はない様子だった。私が思ったのは、幼い頃に読んだ本の差異である。私が楠木正成・正行を読んでいた頃、家人は『マッチ売りの少女』を読んでいたのだと思った。読書入門には男女の差があった。そのことは現在でも同じだろうか。ついでに言えば、最近のヒーロー伝のベストセラーは、イチロー選手のものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老人大国 | トップ | ビール »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。