gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

子供のおしゃれ

2016-10-15 10:50:33 | 日記
おしゃれの基本は自己主張である。見様見真似、人真似だろうと、猿の真似だろうと、自己主張である。もちろん、子供だっておしゃれはしたい。カッコよくしたい。自分をより好く見せたい。


私が3歳になるかならないかの頃、海軍の水平さんが2人、東京・目黒の我が家へホームステイに来た。その頃兵隊さんが一般の家庭に1泊して遊びに来ることがあった。私はすぐに大日本帝国海軍のファンになった。その証拠写真が残っている。半ズボン姿で、上衣には碇のマークが縫い込まれている。満面の笑顔である。得意顔になっている。祖母は軍人姿が嫌いだったが、私が泣きわめいたのであきらめて、碇マークを買い、近くの床屋で頭を丸刈りにしたのだろう。

3歳の終わり頃、祖父が神戸の会社へ行くことになり、家は兵庫県芦屋市に移る。祖母は私を芦屋のお坊ちゃんスタイルに仕上げた。神戸の三越の理容室へ連れて行って、坊ちゃん刈りにする。外出用に半ズボンの背広を用意し、衿には紐状のネクタイを巻いた。その写真も残っている。私はその姿を近所の遊び仲間にみられるのが恥ずかしくて仕方がなかった。だが、同時に胸を張りたい気持ちもあった。

4歳のときが、昭和15年だった。紀元2600年だった。日本中に戦争ムードがあった。そのことで、予定されていた東京五輪が中止になった。翌年の12月に太平洋戦争が始まった。私が小学校に入学するのは17年の4月である。もう坊ちゃん刈りは終わった。小学生も全員が丸刈りになった。日本中から洋服の生地が消えた。私のおしゃれも終わった。子供だってオシャレするんだ、の時代は終わった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無宗教 | トップ | 家事 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。