gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

家事

2016-10-15 18:57:46 | 日記
家事に関して、日本人は①料理型②掃除型に二分されるそうだが、そうかもしれないという感じがする。料理の上手い人がいる。好きな人がいる。掃除洗濯整理整頓に熱心な人がいる。そういうことに気が付くのが早い人がいる。

私も家人も①である。私も腰痛人間になる前は料理がおもしろかった。エビチリと肉じゃがについては、家人の味より上だった。しかし家人に敵わなかったのが買い物だった。料理の出発点は買い物であって、つまり材料揃えである。私にはそれが無かった。できなかった。長女は②である。整理整頓に神経を使う。食卓の上でも目を配る。私のウィスキーグラスがテーブルの端へ行くと黙って中心部に戻す。ところが次女は②ではないらしく、長女が、「あそこの家は散らかっている」とたびたび言っている。次女の料理は食べたことがないのでよくわからない。

誰かの家へ遊びに行く。玄関がきれいた。子供の靴までもきちんとそろえて脱いである。傘立ての中も、1本の乱れもない。これはヤバいと思う。気楽ではないぞと、自分に言い聞かせる。通された部屋の床にもチリひとつない。テ-ブルは鏡のごとくである。女主人が典型的な②のタイプだとわかる。夫が妻に、家の中の万端を任せているようだ。酒とグラスが運ばれて来る。むろんグラスはピカピカである。どこかの高級ホテルのレストランに来たような気分になる。ツマミは、きれいにスタイスされたハム、ソーセージ、チーズである。奥方の手料理は出ない。当然である。奥方は②タイプなのだ。里芋とイカの煮物や、ブリの照り焼きは作らないし、作れないだろう。やがて鮨屋から桶が届く。これは酒席が終わった後、洗って返すだけだから簡単だ。酒は旨い。しかし、私はどこかが疲れてしまう。 玄関の靴は多少乱れているような、部屋の隅に週刊誌が1冊放り出されているような、3人分のウィスキーグラスが3種3様であるような、そういう方が安心してしまうのが私の性格であり、育ちなのだろうと思えて来る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供のおしゃれ | トップ | 10月16日 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。