gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

早口言葉

2017-07-16 00:40:10 | 日記
中学2年生の頃から高校1年生のときまで、私はスポーツアナウンサーになろうと思っていた。なれると思っていた。スポーツと言っても野球だけであったが、野球放送が出来れば相撲も大丈夫だろうと考えていた。当時、テレビは無く、ラジオだけで、現在のような解説者つきではなかったから、アナウンサーは喋り続けなければならなかったが、充分に自信があった。早口も得意だった。くだらない授業のときは、近くの席の数人にだけ聞こえるヒソヒソ声で、野球実況中継を伝えて好評だった。その大志をあきらめた理由は以前に書いたので、ここでは早口言葉について書くこととする。


早口言葉をこなすにはコツがある。わかりやすい例の「川端の竹塀に 誰が竹立てかけた」を択ってみると、この文言の難しいのはタケタテカケタの7音にある。逆に川端の~誰が~までを早く言えない人は早口で喋るのをあきらめた方がいい。前記の7音は、たしかにヒッカカる。タケタテがタテタテになる。そこで呼吸が要る。ダレがタケ~のところで一度切るのがコツである。切るといっても、聞く人にバレたらダメだから、ほんのわずかの間である。0.01秒と言ってもいいほどの、間だ。それができるようになれば、立てかけた~は楽勝になる。

生麦、生米、生卵は、基本的になぁムギ、なぁゴメ、なぁタマゴとごまかす。このゴマカシを繰り返しているうちに、なぁがなまになる。相手に、なまと聞こえるようになる。

子供の頃、私は早口言葉で得をした。教室の人気を集めた。上記のような早口のテクニックも考案した。ただそれだけの話である。しかし、ただそれだけが楽しかった。うぬぼれの楽しさがあった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老人の顔 | トップ | 7月16日 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。