gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

かたづける

2017-04-25 23:22:33 | 日記
「お姉さん、片付けるっていうのは、最初に不要なものを捨てることなのよ」とK子がよく言っていた。この姉というのは家人である。家人はモノを捨てない性格である。洋服の棚やタンスを整理していて、時々手が止まる。古い一枚を取り出して、しばらく眺め、再びもとに戻す。「また何かのときに着られるのではないか」と考える。新品もある。何年か前に買って一度も着ていない。着て行く場所もない。ついついそのままになっている。もちろん新品は捨てない。永久のデッドストックになる。

4年前の引っ越しの際に、洋服の整理の一部を長女が担当した。長女は、捨てる人である。家人の留守に作業したから、「こんなもの、もう着ないでしょ」と決めて、ポンポンと整理した。「あの赤いコート捨てられちゃったのよ」と、家人は今でもボヤいている。私は、これが女性というものだと思う。捨てる女と捨てない女がいるのだと思う。男は捨てない。捨てるほど物を持っていないし、モノを溜めることはない。古いネクタイを、古新聞を結ぶのに提供するぐらいのものだ。着なくなった背広のズボンは普段着になる。

女が嫁に行くことを、片付く と言う時代があった。「いちばん下の子が、昨年の秋にやっと片付きまして」というように言っていた。現在は独身自由時代である。女性だけでなく男も、私達の若い頃には、「俺は一生独身で通すぞ、家庭に縛られるなんてとんでもない」と恰好つけているのがいた。独身自由主義には金がかかる。今の若者には金がある。親の家に住んでいれば金も溜まる。片付くどころの話ではない。生涯青春だ。私のリハビリ先生もその一人だが、親の家に住んではいない。独立自尊である。

介護の基本も、片付ける である。朝8時に起きて食堂へ行く。家人も娘も朝食は済んでいる。私はまず豆乳を飲む。パンとスープが出て来る。「新聞を読むのはあとにして」、家人の顔に書いてある。あのフローラステークスの配当はナンボだったのかと、外れたレースのことが気になるが、スープとパンが先である。そうでないと、食卓が片付かない。台所が片付かない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月23日 | トップ | 死に方 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。