gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

2017-07-17 20:56:51 | 日記
男性用ファッション専門の会社だったVANが解散したのは昭和40年頃のことだった。閉店セールのようなものがあって家人が駆け付けた。派手なマフラーを買って来た。赤と黒の細い毛糸が交互に編み並べてあって、幅は3,4センチほどである。俗に謂うド派手である。私はそれを巻いて出勤した。自分が大柄であることに感謝した。もし痩身や短躯だったら滑稽に見えるはずだった。こういうものは身に着けているうちになじんで来る。自分で言うのも変だが似合って来る。酒場の女性に、「あら、凄いわねぇ」と言われたりした。赤と黒のスタンダールマフラ^は千円だった。解散前のVANの正価は1万円に近かっただろう。とにかく、地が好かった。柔らかくふんわりと暖かかった。

これも昭和30年代の話である。フランク永井さんの『有楽町で逢いましょう』が大ヒットした頃のこと、幅の狭いネクタイが流行した。細いからガラものが少なく、無地が多かった。ライトグレーの背広にイエローの細いネクタイというわけだ。私は肥っていたので流行は追えなかった。流行おくれでもなんでもいい。幅の広いネクタイで通した、。赤、黄、青の信号色とでもいうようなストライプ柄でも平気だった。細いネクタイの全国的流行は短期間で終わった。

オレンジ色が好きだ。といっても男性用のものにはなかなか使われることがなかった。マフラーやネクタイにも滅多にない。黄色は薄いのも濃いのもたくさんあるのだが、オレンジはみつからない。そのことは女性にも言えるのかどうかわからないが、例えば夏の海岸の砂浜で水着姿の女の子がゾロゾロいても、オレンジのビキニはなかなかみつからない。イエロー、グリーン、レッド、ブラックばかりである。これは25年以上も前の話だけれど。

家人が応援している大相撲の遠藤のまわしが、今場所から黄金色に変わった。先場所まではワインレッドだった。それがとても好い色で、彼のきれいな肌に似合っていた。新しいまわしは、後援会からのプレゼントだそうだ。なぜ同じワインレッドを贈らなかったのかと、家人が首をかしげている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月16日 | トップ | 少年野球 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。